スマホを紛失してプライバシーが丸裸にされてしまった時の対処法

スマホを紛失してプライバシーが丸裸にされてしまった時の対処法

「スマホを落として人生が変わってしまった・・・」

こういった話、最近増えています。

スマホってよく考えてみたら情報の宝庫なんです。

「クレカやネットバンキングの情報が入っている」
「プライベートの恥ずかしい写真があったな」
「免許証を写真で撮ったのが、フォルダに入っている」

紛失して悪用されてしまったら、本当にまずいですよね。

国民生活センターの発表によれば、スマホを含む携帯電話の紛失・盗難に関する相談件数が年々増加傾向にあるとのこと。

中にはスマホが悪用・不正利用されて、「高額請求の被害に遭った」という相談や「写真をもとにゆすられる」というケースも増えているそうです。

そこで今回は、スマホの紛失・盗難に気づいた時にどう対応すべきかを解説します。

放っておいても被害は拡大するばかり!
最悪の事態に陥らないように対処していきましょう。

スポンサーリンク

スマホを紛失してプライバシーが丸裸にされてしまった時の対処法

約150万円の請求がきた


約150万円の請求がきた
スマホを紛失したAさん。クレジットカードの請求額150万に腰を抜かしそうになります。原因はネット通販でAさんは買い物をする際、自動ログイン→ワンクリック購入の機能を使っていました。つまり、誰でも簡単にAさん名義で買い物ができる状態だったというわけです。

「不正利用なのだから支払い義務はない」と思っていたというAさん。クレカ会社に相談するも、「保障対象外」のケースと言われ150万円を自腹で支払うことになってしまいました。

貯金がなかったので消費者金融にお金を借り、現在も借金返済に追われカツカツの生活を送っています。

 

スポンサーリンク

 

職場に悪質なイタズラ電話がかかってきた


職場に悪質なイタズラ電話がかかってきた
スマホをなくした後、職場に悪質なイタズラ電話がかかってくるようになったBさん。

最初はすぐに収まるだろうと思っていましたが、Bさんが公にはできないプライベートな情報を「職場の人たちにバラす。言われたくなければ・・・」と金銭の要求をされるように。

どうしてもバレたくないことだったので、お金を支払ってしまいました。

その後、転職&引っ越ししたにもかかわらず、探偵を雇って家や職場を特定されるなど今でもストーカー行為に怯えながら生活をしています。

 

スポンサーリンク

 

保存していた彼氏との写真をネット上にばらまかれた


保存していた彼氏との写真をネット上にばらまかれた
彼氏とのラブラブな写真や動画をスマホに保存していたCさん。スマホを紛失した時に、駅に問い合わせるなどの対応をして端末は無事に戻ってきました。

しかし、安心していたのもつかの間、後日ネット上で自分と彼氏の恥ずかしい写真が流出しているのを発見!

Cさんの体調は日に日に悪化。人ごみに出るのが怖く、パニック障害を発症。仕事も恋愛も上手くいかなくなってしまいました。

 

支払い用のアプリを使われる


支払い用のアプリを使われる

おサイフケータイ

スマホの紛失に気づいた男性。すぐさま携帯会社に連絡を入れ、通信サービス停止の手続きを取りました。しかし、クレカの利用停止手続きをしていなかったので、登録されていたクレカのオートチャージ機能で不正利用の被害に遭ってしまいます。

スマホの端末は回線を止めても、Wi-Fiを使えば利用できるのですが、そういったことを知らない人も多いそう。

クレカの会社にも連絡を入れないと、不正に使われていた分も自己責任となり、補償されない場合があるのでクレカの会社に限らず思い当たるところには片っ端から連絡を入れてください。

スタバのカード(STARBUCKS REWARDS)

端末にかざすだけで便利に使えるスタバのカード。スマホをなくした後「第三者に勝手に使われていた」というケースがありますが、紛失した旨をすぐに届け出ればチャージされていた分(残高)は補償されると覚えておきましょう。

その他

iTunesやGoogle Playなどで勝手に曲やアプリを買われていたり、ゲームでアイテムを課金される被害も増えています。iTunesの場合はAppleサポート、Google Playの場合はウォレットチームに連絡を入れて判断を仰ぎましょう。

 

端末本体の転売


端末本体の転売
スマホの端末は、転売すると高く売れるので中身のデータを消去された後、裏で取引されていることも。

スポンサーリンク

こういった場合は、信用情報機関に申告してください。写真フォルダに運転免許証などの写真などがあると、スマホの契約・クレカの発行・消費者金融からお金を借りられている場合があります。

「そういった履歴がないかどうか?」を確認するための機関が信用情報機関です。情報を取り寄せるためにかかる手数料は1,000円くらいなので、確認しておいて損はないでしょう。

・銀行 全国銀行個人信用情報センター
・クレジット 株式会社シー・アイ・シー
・消費者金融 株式会社日本信用情報機構(JICC)

 

写真や動画、個人情報がネット上でばらまかれた時の対処法


写真や動画、個人情報がネット上でばらまかれた時の対処法

警察に被害届を出す

警察は民事不介入というスタンスを取っていますが、被害届を出しておくことで何かしらの手助けが得られる可能性があります。

犯人が捕まれば損害賠償も可能です。しかし、実際にお金をもらえる可能性は低いということは頭に入れておきましょう。

それから、厄介なのはサイバー犯罪(ネット上)の場合は国をまたいでしまうと、警察も全く介入できなくなるそう。国外に犯人がいてそこからネット上で嫌がらせをしてくる場合は手の打ちようがないそうです・・・。

信頼のできる弁護士と相談

信頼できる弁護士に相談するのも解決の第一歩に。ただし、弁護士への相談費用なども考えると高額となりやすいので、金銭的に余裕があれば試してみる価値あり。

名誉毀損で争う

相手が特定できている場合は、民事事件で名誉毀損として訴える方法も。行為が悪質であることの証明や、被害状況など記録をしっかりと残すことが大事で「損害賠償」の金額などにも影響します。

ただし、知人のケースでは加害者が執行猶予になった後も「嫌がらせが続いた」と言っていたので、根本的な解決になるかどうかはケースバイケースです。

(犯人が知人の場合)示談にする

犯人が特定できていて、知人の場合は「お金で解決する」というのもよくある話です。しかし、加害者側の方に恋愛感情や復讐心などがあると金銭の解決ではスムーズにいかず、嫌がらせが悪化する場合もあるので注意しなければなりません。実際に会って話を進める場合は、第三者を介入して1人で交渉しないようにするのもポイントです。

 

SNSなどにバラまかれた写真や動画はどうしたらいいの?


SNSなどにバラまかれた写真や動画はどうしたらいいの?
通報や削除申請などを行うのが一般的ですが、専門家に相談することで解決につながることも。

拡散されてしまった個人情報については、隠そうと思っても状況が悪化するばかりなので、友人・知人・職場などには「犯罪に巻き込まれている旨」「警察に相談していることなど」を伝えておくといいでしょう。

写真や動画、文章などは全て手元に保管しておき、警察や周囲と情報共有を行いながら解決につなげていってください。一人で抱え込むのは本当に危険です。

 

個人情報を晒した人の罪はどうなる?


「公開したくない情報を勝手に公開する行為」はプライバシーの侵害となり、被害者側の信用や評判などが落ちる可能性もあるため「名誉毀損」の罪が課せられます。

 

結局、最後は泣き寝入りするしか無いのか?


泣き寝入りするしかないケースと、相談や報告などをする中で解決につながるケースどちらもあります。

諦めずに頼れるところを頼る、情報を集めることを徹底してできる対策をしていきましょう。

 

今日のまとめ

スマホを紛失してプライバシーが丸裸にされてしまった時の対処法

紛失してプライバシーが丸裸に

盗難・紛失で被害に遭わないようにする方法は、ネット上に溢れかえっていますが実際に被害に遭った時の対処法については情報が少ないです。

こんなに大変な目に遭うなんて、普通は考えもしないと思いますが“そのまさか”が起きた場合に「どう動くべきか?」は知っておく必要がありますね。

何かあった時に連絡が必要な会社は電話番号を手帳に控えておくなどリスト化しておくと便利です。

また、落し物をWebで検索できる交番の便利なサービスなども活用してみてください。

都道府県警察における遺失物の公表ページ

◉ 約150万円の請求がきた
◉ 職場に悪質なイタズラ電話がかかってきた
◉ 保存していた彼氏との写真をネット上にばらまかれた
◉ 支払い用のアプリを使われる
◉ 端末本体の転売
◉ 写真や動画、個人情報がネット上でばらまかれた時の対処法
◉ SNSなどにバラまかれた写真や動画はどうしたらいいの?
◉ 個人情報を晒した人の罪はどうなる?
◉ 結局、最後は泣き寝入りするしか無いのか?

 

関連記事(一部広告含む)


当サイトへのご訪問ありがとうございます。記事のご愛読に感謝します。