マスタークレンズダイエットで5kg痩せた私のデトックスレシピとは

マスタークレンズダイエットで5kg痩せた私のデトックスレシピとは

海外セレブのビヨンセが映画『ドリームガールズ』の役作りのために、短期間で9kgも痩せたと話題のマスタークレンズダイエットは、通称「レモネードダイエット」と呼ばれる、レモンを使ったダイエット方法です。

私もこのダイエット方法で−5kgのダイエットに成功した1人です。マスタークレンズダイエットは、体内に溜まっている老廃物をデトックスしてくれるので、ダイエット効果があり、体脂肪が落ちて体質改善できると話題になっています。

マスタークレンズダイエットはファスティング(断食)で痩せるという短期集中のダイエットのため、正しいやり方を知るということが大事です。しっかりと予備知識をつけて、いざダイエットに挑みましょう!

スポンサーリンク

マスタークレンズダイエットで5kg痩せた私のデトックスレシピとは

マスタークレンズのデトックスレシピ&作り方


マスタークレンズダイエットのデトックスレシピとは?
マスタークレンズダイエットのダイエットレシピは、たった4つの材料を準備するだけと簡単です。

水は常温のミネラルウォーターもしくは、浄水器を通した水で、レモンは国産の無農薬のものがベストですが、手に入らない場合は『ポッカ100レモン』などでもOKです。

メープルシロップは純度の高い物をオススメします。

カイエンペッパーというのは、唐辛子の粉末でスーパーで手に入ります。これを混ぜて出来上がりです!

 

材料

・水300cc

・生のレモン汁 大さじ2

・ダークメープルシロップ 大さじ2

・カイエンペッパー 少量

 

スポンサーリンク

 

マスタークレンズダイエットの歴史


マスタークレンズダイエットの歴史
マスタークレンズダイエットというのは、実は1940年代から存在する伝統的なダイエット方法です。

ハワイの自然療法家として有名なスタンリー・バローが、もともとは胃潰瘍の治療法として生み出した方法なので、痩せたい人はもちろん健康になりたい人にもピッタリです。

 

スポンサーリンク

 

マスタークレンズダイエットで5kg痩せるためのスケジュールとは?

1. 準備編!野菜中心の食事


準備編!野菜中心の食事
マスタークレンズダイエットを行う1週間前から、野菜中心の食生活をしましょう。

お酒や肉、魚などは控えて体をダイエットモードへとシフトしていきます。

この期間で1〜2キロ体重が減る人もいます。

 

2. ダイエット前日の寝る前にミントティーを飲む


ダイエット前日の寝る前にミントティーを飲む
マスタークレンズダイエットをスタートする前日の夜、寝る前にミントティーを飲みます。

ミントティーを飲む理由は、便を柔らかく排出しやすい状態へとしてくれるからです。

甘さがなくて飲みにくいなという人は、マスタークレンズダイエットで使うダークメープルシロップを少々加えると飲みやすくなります。

 

3. ソルトウォーターバッシングを行う


ソルトウォーターバッシングを行う
マスタークレンズを行う当日、最初に行うことはソルトウォーターバッシングです。ソルトウォーターバッシングは、1ℓの水に小さじ2杯の塩を加えて作る飲み物のことで、消化器官を洗浄する効果があり体内に溜まっている便を排出する効果があります。

一気に飲み干すというのがポイントで、便が全て出切ったらマスタークレンズダイエット開始です。こちらはマスタークレンズダイエットを行う期間、毎朝行います。

 

 

4. マスタークレンズダイエット時の注意点


マスタークレンズダイエット時の注意点
いよいよスタートするマスタークレンズダイエットですが、ダイエット時の注意点がいくつかあるのでご紹介します。

断食期間は2〜3日まで

長期間のダイエット向きではないマスタークレンズダイエットは、2〜3日でも十分な効果が出ます。

 

体調不良の場合は無理をしない

生理中や体調不良の時は、マスタークレンズダイエットには向いていません。体調が万全な時に行いましょう。

 

レモネードドリンクと水以外は飲まない、食べない

置き換えダイエットであるマスタークレンズダイエットは、レモネードと水以外のものを飲んだり食べたりせずに、期間中はドリンクのみを飲むようにしましょう。

 

1度だけでなく定期的に行う

マスタークレンズダイエットは、1度限り行うものではありません。体内のリセットにぜひ定期的に行いましょう。ただし、間髪開けずに行うというのは体調を壊す元なので月1程度に留めておくことをオススメします。

スポンサーリンク

 

5. 復食期間もしっかり確保する


復食期間もしっかり確保する
マスタークレンズダイエットを2〜3日行ったら、その期間と同じだけの期間かけて復食期間を取りましょう。いきなり元の食事に戻すと胃腸へのダメージが大きいので、絶対にNG!

復食期間は、断食期間と同じくらい大事です。1日目と2日目の昼までの回復食として推奨されているのは、オレンジジュースです。オレンジジュースは色々な所で手に入りますが、国産・無農薬のオレンジを手に入れて、ジューサーにかけるか、もしくは自分で絞るというのがベストです。

その他にも、水やハーブティーなどを飲んで過ごすのもいいですね。

 

6. 普通食に徐々に戻していく


普通食に徐々に戻していく
オレンジジュースによる復食期間を終えたら、徐々に通常の食事に戻していきます。

日本流の食生活「まごわやさしい(豆・ごま・わかめ・野菜・魚・しいたけ・芋)」などは、胃にやさしいので野菜スープや魚の煮付け、おかゆなどで体を慣らしていきましょう。

お酒や刺激物、塩分多めの食事は避けるようにしてくださいね。

 

マスタークレンズを作るのが面倒という人は・・・


マスタークレンズダイエットのレシピ通り作るのが面倒という人は・・・
マスタークレンズダイエットの準備をするのは面倒だという人は『マスタークレンズダイエット』という商品が出ているので、そちらを使ってダイエットするのもいいでしょう。

ビタミンCたっぷりのレモン、ミネラルを豊富に含むブラックメープルシロップ、燃やす働きがあるカイエンペッパーに加えて厳選されたハーブも7種類入っていて、より手軽にダイエットをスタートできます。

 

マスタークレンズダイエット時の空腹を紛らわせるには?


マスタークレンズダイエット時の空腹を紛らわせるには?
マスタークレンズダイエットは、ファスティング(断食)なので「お腹が空いて辛い」と感じる瞬間があるかもしれません。そんな空腹感を紛らわせるには、軽めの運動や趣味に没頭するのが一番です。

ファスティング中にオススメの運動は、散歩やヨガなど気軽に行えて負荷があまりかからないものがいいですね。半身浴で汗をかくのも気分転換になりますし「映画鑑賞や読書など趣味に没頭していたら空腹感を忘れられた」という声も多いです。

ファスティング期間中は、急な体調変化がある可能性もあるので、ご自宅や近所など慣れた場所で過ごされることをおすすめします。

 

マスタークレンズダイエット中に起こるトラブルの対処方法とは?


マスタークレンズダイエット中に起こるトラブルの対処方法とは?
マスタークレンズダイエット時のトラブルとして挙げられているのが、

・栄養失調になる
・体調不良になる
・ソルトウォーターバッシングによるトラブル

などがあります。栄養失調になるというのは、マスタークレンズダイエットの期間を長く取りすぎてしまうことによるものなので、2〜3日という期間は必ず守りましょう。

ダイエット期間中に、デトックス効果で風邪に似たような症状(好転反応)が出る可能性がありますが、水分をしっかり摂ることで症状が治まるのが早くなりますので、試してみてください。それから、ソルトウォーターバッシングにまつわるトラブルも多いです。しょっぱくて飲みにくい、むくんだ・・・などの声があるだけでなく、飲んだ1時間後くらいに水のような下痢になるという人も多いので、トイレの近くでスタンバイしておきましょう。

もし、そういったことが辛い場合はソルトウォーターバッシングは、初日だけで毎朝しなくてもOKです。

 

今日のまとめ

マスタークレンズダイエットで5kg痩せた私のデトックスレシピとは

マスタークレンズダイエットは、世界的に有名な歌姫のビヨンセも実践したという短期集中のダイエットプログラムです。

レモネードを用いたファスティングを行うので、上手くいけば5kg痩せることも夢ではありません。

この日までに痩せたいとう明確な目標がある人や、ダイエットを長く続けるのはストレスになるという人はぜひ試していただけるといいでしょう。

心身ともに健康になり、体の持つ本来の機能が高まるのでオススメです!

・ マスタークレンズダイエットのデトックスレシピとは?
・ マスタークレンズダイエットの歴史
・ マスタークレンズダイエットで5kg痩せるためのスケジュールとは?
1. 準備編!野菜中心の食事
2. ダイエット前日の寝る前にミントティーを飲む
3. ソルトウォーターバッシングを行う
4. マスタークレンズダイエット時の注意点
5. 復食期間もしっかり確保する
6. 普通食に徐々に戻していく
・ マスタークレンズダイエットのレシピ通り作るのが面倒という人は・・・
・ マスタークレンズダイエット時の空腹を紛らわせるには?
・ マスタークレンズダイエット中に起こるトラブルの対処方法とは?

 

関連記事(一部広告含む)


当サイトへのご訪問ありがとうございます。記事のご愛読に感謝します。