エクオールを作れる女性になるために欠かせない7つの生活習慣

エクオールを作れる女性になるために欠かせない7つの生活習慣

話題になっている“エクオール”ってご存知でしょうか?
女性の美と健康に良い影響をもたらし、女性ホルモンの減少による「様々な不快な症状の改善につながる」と今注目を集めている物質です。(「世界一受けたい授業」で知った方もいることでしょうね。)

実はこのエクオール。
体内で作れる人と、作れない人がいると言われています。

その差が見た目の若々しさや、健康かどうかの違いにもなってくるというのだから、作れるようになっておいた方が絶対にいいですよね?

そこで今回は、エクオールを作れる女性になるための「どのような生活習慣を送ればいいのか?」を解説します。

エクオールのことを知りたい人や、いつまでも健康で若々しく過ごしたい人はぜひ参考にしてみてくださいね!

エクオールを作れる女性になるために欠かせない7つの生活習慣

そもそもエクオールって何?


そもそもエクオールって何?
豆や豆乳、納豆などの大豆食品に「イソフラボン」が含まれているというのは有名な話ですね。イソフラボンは、体内で女性ホルモンと似た働きをすると言われているので女性らしくありたい人や妊活をしている人、ホルモンバランスを整えたい人や更年期の症状が気になる人などは、積極的な摂取を心がけるといい成分です。

しかし、同じように大豆食品を摂取していても、イソフラボンの効果が出やすい人とそうでない人がいるのです。

その違いと言われているのが、エクオールを体内で生成できるかどうかです。

ちなみにイソフラボンは、もともと体内に入ってすぐに女性ホルモンと似た働きをするわけではなく最初は「ダイゼイン」という形で腸内に入っていきます。

そこである物質と結びつき「エクオール」の形に代謝・変換されると、女性ホルモンと似た働きが体内で起こるという仕組みです。

つまり、大豆に含まれるイソフラボンの働きのもととなる物質がエクオールです。

 

 

エクオールの効能


エクオールの効能

エクオールはイソフラボンの効果を引き出すサポート役であり、体内でエクオールを作れるようになると、女性ホルモン「エストロゲン」と似たような効能を発揮します。

女性の体は生涯に渡って女性ホルモンの影響を大きく受けているので、更年期症状の予防や軽減、骨粗しょう症の予防、生活習慣病(メタボリックシンドローム)などの健康面のリスク軽減、ダイエットなどにもつながります。

また、抜け毛や薄毛の予防やコラーゲンを生み出す効果が高まり、肌のハリ・弾力がアップして「シワが改善した」という人もいます。

このように、美容面にも良い効果が期待できます。

 

 

エクオールは誰でも作れるわけじゃないらしい


エクオールは誰でも作れるわけじゃないらしい
先ほど大豆イソフラボンは「そのままでは、エクオールにならない」という話をしましたが、腸内に大豆イソフラボンを元にエクオールを作り出す「エクオール産生菌」がいる人はエクオールを作り出すことができます。一方で、この菌がいない人は作り出すことができません。

つまり腸内環境や腸内細菌を変えることで、今エクオールを作り出せない体質の人でも「作り出せるようになる可能性がある」というわけです。

エクオールを作れるかどうかは、エクオール検査『ソイチェック』の尿検査で簡単に行えるので、一度検査してみることをオススメします。


エクオール検査「ソイチェック」

 

 

エクオールを作れる人ってどんな人?


エクオールを作れる人ってどんな人?
エクオールを作れる人は、大豆食品を毎日のように食べている人や腸内環境に良い食物繊維がたっぷりと含まれている根菜や海藻、キノコ類などを食べる習慣がある人に多いようです。

実際に摂る人と摂らない人とでは約2倍、産生能力に差が出ているという話もあります。

キノコ類は安い時に数種類まとめ買いして組み合わせ、保存袋に入れて冷凍しておきましょう。鍋の具材や野菜炒め、カレーや味噌汁などにプラスできるので摂り入れやすくなりますよ。

 

 

エクオールを作れる人になるための生活習慣とは?


エクオールを作れる人になるための生活習慣とは?

(1)豆腐や豆乳など、大豆食品をよく食べる

エクオールを作り出せる人は、腸内環境が良くなる食生活をしています。中でも、大豆食品をよく食べると産生能力が高まるので意識して摂るようにしましょう。

豆腐が苦手な場合は、水切りしてマスカルポーネチーズやはちみつをプラスしてミキサーにかけ、ココアパウダーをふってティラミスのようにするのもオススメ!低カロリーでヘルシーなデザートの完成です。

(2)充分な睡眠時間の確保

8時間以上の充分な睡眠を確保できている人は、睡眠時間が短い人と比べてエクオールを作れる割合が高いとされています。それと合わせて睡眠の質を高める工夫もされるといいでしょう。

中でも、朝しっかりと日光を浴びると睡眠時に各種ホルモンが分泌されやすくなるので、遮光カーテンをビシッと締め切って眠るよりもカーテンを少し開けておくといいでしょう。

(3)食物繊維を摂っている

エクオールを作り出す上で腸内環境が大事。食物繊維は腸内環境のエサとなるので、乳酸菌や大豆食品などと合わせて積極的に摂るようにしてください。1日の摂取目安量は20~25gが理想的で、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を摂ることが大事です。

これら食物繊維がどちらも入っているのが、こんにゃくや大麦、ごぼうなどの根菜類など。

このように日本食はエクオール生成にとっても、非常に良いものだということが分かりますね。

(4)毎日運動している

食生活や睡眠と合わせて行っていただきたいのは運動です。毎日のウォーキングやヨガなど軽めの運動で構わないので、運動習慣をつけることも意識してみましょう。

(5)タバコを吸わない

エクオールの産生能力が高い人は、タバコを吸わない人に多いと言われています。タバコに含まれる有害物質は、腸内環境や血管などにも悪影響を及ぼすので禁煙をされることをオススメします。

(6)ストレスを溜めない

ストレスでイライラが続くと、自律神経やホルモンバランスが乱れて腸内環境も悪化。エクオールの産生能力が低くなってしまいます。息抜きやガス抜きをしっかりと行いましょう。

(7)口角を上げる

笑顔には自律神経のバランスを改善する効果があるので、腸内環境の改善にも効果大!まずは作り笑顔でもいいので口角をキュッと上げることを意識してみてください。お笑い番組や友人との楽しい会話もオススメです。

 

今日のまとめ

エクオールを作れる女性になるために欠かせない7つの生活習慣

エクオールを作れる女性になる

エクオールを産生できるようになると、今よりもっと元気で美しくいられるようになります。

まずはすぐにでも始められる“生活習慣の見直し”をしてみるといいでしょう。

しかし、産生できないからといって落ち込む必要はありません。

今はエクオールのサプリメントなどもあるので、筋肉をつけるためにプロテインを飲むような感覚でエクオールのサプリメントを摂り入れてみてはいかがでしょうか?


大塚製薬 エクエル 112粒

◉ そもそもエクオールって何?
◉ エクオールの効能
◉ エクオールは誰でも作れるわけじゃないらしい
◉ エクオールを作れる人ってどんな人?
◉ エクオールを作れる人になるための生活習慣とは?

 

当サイトへのご訪問ありがとうございます。記事のご愛読に感謝します。