お菓子を止めるだけ!砂糖抜きの食生活で得られた7つのスゴい効果

お菓子を止めるだけ!砂糖抜きの食生活で得られた7つのスゴい効果

“大好物”のチョコレート菓子をムシャムシャ・・・いつもの休憩時間の日常です。

「このお菓子、いつも食べているよね〜」と残業中に上司から差し入れされたこともあったっけ。

家に帰ってからは、お笑い番組を観ながらコンビニで買った新作スイーツを食べるのが、平日のささやかな楽しみでした。

最近では、ご飯を食べた後にも甘い物を口にしないと寂しいし、お菓子を食事の代わりにしてしまうことも。

そんな時、雑誌でたまたま“砂糖中毒”という記事を発見!
「これって私のことじゃん・・・」と。

砂糖を体内に長期的に入れ続けることで、様々なデメリットがあると知り衝撃を受けました。

「今のうちにどうにかしなければ・・・」
そんな思いもあって“砂糖断ち”を始めることに。

今回は、砂糖抜き生活(※ここで言う「砂糖」とは天然の糖分ではなくて加工されたもの)で得られた効果について“私の実体験”からご紹介します。

砂糖の摂りすぎが心配になってきたという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

お菓子を止めるだけ!砂糖抜きの食生活で得られた7つのスゴい効果

なぜ砂糖や人工甘味料は体に悪いのか。糖分が体に及ぼす悪影響


なぜ砂糖や人工甘味料は体に悪いのか。糖分が体に及ぼす悪影響

・血糖値が急激に上がる

糖質を摂取すると血液中の「ブドウ糖」の濃度が高くなり、血糖値が急上昇します。糖はもともと生命維持や活動に不可欠な成分なので、肝臓や筋肉などに保管・貯蔵されるのですが、余ったものは体脂肪として蓄積されます。そして、体脂肪が増えて「肥満」が進行していきます。

・虫歯になる

口の中で酸性の状態が続き、歯が溶けてしまうのが虫歯のメカニズムです。口の中の常在菌は「糖質」に反応して「酸」を生み出します。甘い物を摂り続けていると「酸性」の状態が続き、虫歯ができやすくなるというわけです。

また、歯の欠損につながるといわれている「歯周病」の菌は糖質を好んで増殖します。よって、糖質は歯周病の発生や進行にも悪影響を及ぼします。

・ビタミン類が消費される

糖質を消化する時に、私たちの体の中では「ビタミン」や「ミネラル」が大量に消費されることが分かっています。気づかないうちに栄養不足となり、心と体の健康を蝕んでいくのです。イライラの原因にも血糖値の急激な変化や、栄養不足が関係しています。

・免疫力の低下

糖質の摂りすぎで腸内環境が悪化することで、免疫力が低下します。風邪を引きやすくなった、体調を崩しやすいという人は要注意。

・肌荒れ

砂糖を摂取すると、一部の栄養素が大量に消耗されます。そうなると、皮脂の分泌量が低下したり・過剰になったりと“バランス”が崩れて、肌荒れを招くと言われています。

・中毒性がある

砂糖はアルコールやタバコなどの嗜好品と同じで、中毒性があることが分かっています。砂糖中毒になると、禁断症状が出て不安・悲壮感を感じやすくなるなど、精神状態に悪影響が及ぶこともあります。

・腸内環境の悪化

砂糖には体をリラックスさせる働きがある一方で、腸の周辺の筋肉が緩んで 「腸」のぜん動運動が弱くなり、腸内環境の悪化につながります。

 

 

砂糖抜きの食生活って具体的にどうするの?


砂糖抜きの食生活って具体的にどうするの?

・お菓子は絶対に買わない、食べない

お菓子に手が伸びないように「コンビニ」や「スーパー」のお菓子売り場には近づかないようにします。私は日用品や食材は必要なものだけ、ネットスーパーで買うように工夫しました。

・夜遅くに食事はしない

肥満・消化不良・睡眠の質の低下など、夜遅くの食事には“百害あって一利なし”。早めに寝て空腹感をしのぎましょう。

・間食は止める

「間食の習慣を無くす」ということを意識して、1食1食を丁寧に食べるようにしましょう。

・ジムなどに通って運動する

食事を変えるだけでなく、運動も組み合わせることでダイエットの効果がアップします。また、体を動かすことで「セロトニン」が分泌され、砂糖を口にした時と同じような幸福感を得られることも分かっています。

・コーヒーはブラックで

カフェオレやカフェラテなどのドリンクが甘くて美味しいのは、砂糖が大量に入っているから。砂糖抜きの間は、コーヒーはブラック一択で!

・お茶や水を1日に2リットル以上飲む

水分が足りていないと消化や排出がスムーズに行われません。利尿作用があるカフェイン入りのお茶ではなく、水や麦茶などを1日2リットル以上飲むようにしましょう。

 

 

甘い物が食べたくなったらどうする?


甘い物が食べたくなったらどうする?
甘い物を完全に経つつもりでも、禁断症状や好転反応で体調が思わしくないということがあります。そんな時は「甘い物=お菓子・スイーツ」という考えを一旦捨てて、代わりにこんなものを食べてみましょう。

・アーモンド

抗酸化・美肌などの効果がある「ビタミンE」を豊富に含んでいるアーモンド。ゆっくり噛むと甘さも感じられます。

スポンサーリンク

・ドライフルーツ

砂糖不使用で無添加のドライフルーツは、自然な甘みがあるので口寂しさも感じにくく。

・りんご

1個食べると満腹感があり、食物繊維やビタミン類、疲労回復成分などがバランス良く含まれているりんごは美容や健康にも◎

・バナナ

栄養価が高いバナナは、スポーツ前などのスタミナが必要な時のエネルギーチャージにおすすめ。

・茹でた黒豆

ポリフェノールやイソフラボンなどの成分を含む黒豆。甘い物がどうしても食べたい時は、黒豆の蜂蜜煮を作ってみましょう。何粒か食べるだけでも満足感が得られるはずです。

 

 

砂糖抜きの食生活で得られた効果7つ


① 体脂肪が劇的に減った

特に何か生活を変えたわけではなく、お菓子を止めて砂糖抜きの生活をしただけで、体脂肪の数値がストンと下がりました。

② 睡眠の質がアップ

お菓子が止められず、糖質過多の状態が続いていると「血糖値が不安定になり、睡眠の質が下がる」と言われています。

お菓子抜きの生活を始めてから、血糖値が安定しているのか、眠りについてからは夜中に何度もトイレに起きることもなくなり、朝の目覚めもスムーズです。日中の仕事への取り組み方や集中力も格段にアップしました。

③ イライラを感じにくく

表には出さないようにしていたものの、実は少し前までの私はちょっとしたことでイラッとしていたんです。そんなイライラの原因にも「砂糖」が関係していたんだということがわかりました。砂糖抜き生活を始めてから、 感情のコントロールがしやすくなったのを実感しています。

④ 便秘しなくなった

これまで色々と試してきましたが、砂糖断ちが便秘解消につながるとは思ってもいませんでした。腸内環境が改善したことが良かったのかな?

⑤ 体調の変化

体が重くてダルいなと感じることが以前は多くて「極力動きたくない・・・」という気持ちで過ごしていましたが、最近は違います。通勤時にダッシュをした時、ジムで運動した時など 疲れを感じにくくなっていることに気づきました。明らかに持久力がついています。

また、これまで春や秋になると花粉症の症状がひどく、シーズン中に副鼻腔炎を起こすことが度々ありましたが、今年は市販の薬を少し飲んだだけで症状もほとんど出ませんでした。この変化も、お菓子抜き生活で“腸内環境”が変わったからだと感じています。

⑥ 肌や髪にも良い変化

美容の本を読んでいたら「糖化」について書いてありました。糖化というのは、糖質の摂取量が多い人の体内で起こる炎症のこと。簡単に説明すると、その炎症が原因で “肌老化”が起こるという内容でした。

おそらく、私の体内でもそれが起こっていたんだと思います。お菓子や甘い物を止めてから、長年悩んでいた肌荒れが良くなったんです。肌以外にも、髪にもハリとコシが出てきました。

⑦ 食事が美味しい

砂糖抜きを始めてから、味覚が正常になってきたと感じていて「野菜が美味しい!」「体が健康になっている」ということに喜びを感じるようになり、自然と甘い物を欲しない体に変わっていました。

 

これから砂糖抜き生活を始めるあなたへ


これから砂糖抜き生活を始めるあなたへ
お菓子や甘い物が中々止められないのは、砂糖を摂取した時に「快楽・幸福感を感じています」という、セロトニンやドーパミンなどの脳内伝達物質が一時的に大量に分泌されるからです。

ストレスフルな生活を送っている場合、甘い物=心の安定剤としての役割を持っている場合も多く「砂糖依存症」のような状態になりやすいと言われています。

今後大きな健康被害が出てくることもあるので、今のうちに自分のペースで「砂糖抜きでも過ごせる体」に変えていくことをおすすめします。

 

体脂肪の落とし方について興味があるのなら当サイトの次の記事もオススメです。
008体脂肪率30%超の女性が目指すべき年齢別数値と効果的な落とし方

 

今日のまとめ

お菓子を止めるだけ!砂糖抜きの食生活で得られた7つのスゴい効果

砂糖抜きの食生活で得られた7つのスゴい効果
“砂糖断ち”は、ダイエット・健康・美容など多方面に良い影響があると言われています。

「甘い物を食べるのが唯一の楽しみ♪」という人が、いきなり“砂糖を一切絶つ”というのは難しいですよね。

でも、「たった3日でも1週間でも効果が出る」と言われていますから、平日だけ・週末だけ・連休中だけなど“期間限定”でもいいので、頑張ってみることをおすすめします。

そうしているうちに、お菓子やスイーツを食べたいという気持ちも収まり、心や体に変化が出てくるはずです。

難しい場合は、寝る前や夜遅くに食べるのを止めることから始めてみてくださいね。

1. なぜ砂糖や人工甘味料は体に悪いのか。糖分が体に及ぼす悪影響
2. 砂糖抜きの食生活って具体的にどうするの?
3. 甘い物が食べたくなったらどうする?
4. 砂糖抜きの食生活で得られた効果7つ
5. これから砂糖抜き生活を始めるあなたへ

 

関連記事(一部広告含む)


当サイトへのご訪問ありがとうございます。記事のご愛読に感謝します。