加齢とともに衰える腰のくびれを取り戻す!モデルがやってる筋トレ

加齢とともに衰える腰のくびれを取り戻す!モデルがやってる筋トレ
「昔はもっと、腰のくびれがあったのに・・・」なんて嘆いている場合ではありませんよ!

どんな女性でも、加齢とともにお腹周りには脂肪がつき始めます。その脂肪が、腰のくびれをどんどんなくしていくのです… 。悲しいですが、現実です。だったらその脂肪を落として、二度と脂肪が付きにくくしてみませんか?

「そんなことできるの?」と半信半疑ではダメです。

「腰のくびれを取り戻すぞ!」という強い気持ちが大切なんです。

では実際に、きれいな腰のくびれを持つ女性はどんなことを実践しているのかお伝えします。

加齢とともに衰える腰のくびれを取り戻す!モデルがやってる筋トレ

 

体幹を鍛えてお腹周りに脂肪がつきにくくする


体幹を鍛えてお腹周りに脂肪がつきにくくする
体幹ってなんだかご存知ですか?体の内側にあるインナーマッスルと言われる部分のことです。この体幹、「鍛えて何になるの?」と思いませんか?

実は、加齢とともにこの体幹は老化していくため、お腹周り、腰回りに脂肪がつきやすくなるのです。体幹が老化し、筋肉が衰えてくると内臓の位置が偏ったり、本来と違う位置になってしまいます。その結果、内臓脂肪や皮下脂肪がつきやすい体になってしまうのです。

体幹を鍛えなおすことで、内臓は元の位置に戻り、脂肪のつきにくい体を作ることができます。

では、どうやって体幹を鍛えるのか・・?簡単なエクササイズで鍛えなおすことができますよ!

① まず、床に四つん這いになります。

② 右手と左足を背筋と直線、床と平行になるように上げます。

③ このままの姿勢で10秒キープします

④ 呼吸は軽く吐きながら。10秒キープしたらまた四つん這いに戻してください。

⑤ 逆の手足も同じように上げて10秒キープします。

⑥ 慣れてきたら少しずつ秒数を増やしてみてください

10秒でも結構しんどいですよね。

キツイ!と感じる人は、体幹が衰えてきている証拠です。キツイと感じるまで、1日何セットでも構いません。毎日続けてみてくださいね!

 

腰のくびれを作るヨガのポーズ


腰のくびれを作るヨガのポーズ
ヨガはゆったりした動きと呼吸法で筋肉と同時に体幹を鍛えることができます。激しい運動は苦手、体力に自信がないという方はヨガから始めてみてもいいかもしれません。

腰のくびれを作るのに効果的といわれるヨガのポーズをご紹介します。

それは、「舟のポーズ」です。

① 床に座り、脚を90度に曲げて床から浮かせます

② 腕は床と平行になるように前に出します。

③ そのままヒザを伸ばしてVの字になるようにバランスをとります。

④ この状態で30秒間キープ

⑤ 息を止めないように注意してください。深呼吸が大切です。

⑥ 息は吐く時にお腹がへこむように意識しましょう。

バランスがどうしても取れない、という人は②までの体勢でキープしてください。慣れてくるとその次もできるようになりますので、安心してくださいね!バランス感覚にも体幹は関係しているので、バランスをとるのが難しい人は体幹が衰えているのかもしれませんね。

 

腹斜筋を鍛える筋トレ


腹斜筋を鍛える筋トレ
腰のくびれを作ったり、おなかをへこませたりするには腹筋運動が最適と思っている方は多くいると思います。でもそれは間違いなんです。普通の腹筋運動では、前に出たお腹は多少へこんでも横腹の脂肪は落ちにくいので、腰のくびれはできません…。そこで鍛えたいのが「腹斜筋」という筋肉です。ちょうど横腹に位置する筋肉ですね。普通の腹筋運動では、この腹斜筋は鍛えることができません。
そこでおすすめなのが、「ひねり腹筋」です。

① 床に仰向けに寝転がります。

② 手は頭の後ろで組みます。

③ 起き上がって右ひじと左ひざをひっつけます。

※この時、横腹がねじれているのを意識してください。

④ 仰向けに戻り、今度は逆のひじとひざをくっつけます。

⑤ 左右交互に10回くらいから始めて、徐々に回数を増やしましょう。

初めのうちは、10回でも結構きついです。普段使わない筋肉を使うためなのできついのは当然なんですよ!少しずつできる回数が増えてきますので、最初は少ない回数からで大丈夫です。それよりも毎日続けることが大切ですので、頑張りましょう!

 

 

基礎代謝の高い体を手に入れる


基礎代謝の高い体を手に入れる
基礎代謝って何か知っていますか?なにもしなくても消費されるカロリーのことです。普段、何も意識せずに生活していると思いますが、普段の生活で約1,800~2,000kcalが体内で消費されています。ですが、この基礎代謝も、加齢とともに少なくなり、同じ生活をしているのに摂取カロリーが消費カロリーを知らないうちに上回っていて、結果太ってしまった・・・なんてことに。

そうならないためにも、代謝の高い体を維持することが大切です。今注目されているのは「朝活」と言われる生活習慣。
午前中のうちから積極的に体を動かすことです。

たとえば、朝軽い運動を行い、代謝のいい状態にしておくと、そこから最低でも5~6時間は代謝がいい状態がキープされるので、一番活動する日中、効果的にカロリー消費ができるというわけです。

そのためにも、早起きをしたり、朝食はきちんと摂るなどの規則正しい生活習慣はとっても大切なんですよ!
さらに、朝食時に白湯やホットココア、緑茶などを飲むのがおすすめです。温かいお湯は、体内の血行促進につながりますので、高代謝の状態にするにはとても効果的です。ホットココアはできるだけ糖分が入っていないものを選ぶといいです。糖が含まれていると、その分高カロリーになってしまうので意味がありません。

 

食生活に気を付ける


食生活に気を付ける
毎日忙しい生活を送っていると、なかなか気を配れなかったりする食生活。ジャンクフードやインスタントばっかり・・・なんてもってのほかです。脂肪燃焼に効果的な食材をご紹介しますね。

赤身の魚

マグロやカツオなどの赤身魚は、高タンパクで消化に時間がかかるため、ダイエットに向いていると言われています。さらに、カルシウムが豊富に含まれているので、空腹ホルモンの濃度を下げてくれるほかにストレスを和らげる効果もあります。アラサー女性にはもってこいの食材ですね!

アボカド、ナッツ、オリーブオイル

これらは、不飽和脂肪酸が豊富に含まれている食品で、LDL(悪玉)コレステロールを減らし、HDL(善玉)コレステロールを増やす働きをしてくれます。よって、お腹の脂肪をつきにくくしてくれるんです。

 

今日のまとめ

加齢とともに衰える腰のくびれを取り戻す!モデルがやってる筋トレ

いかがでしたか。普段の生活習慣の改善が必要な場合も出てきますよね。ただ太るだけならまだいいのかもしれませんが、加齢とともに増加する皮下脂肪によって、肥満の状態までいってしまうと、生活習慣病などの大きな病気になる可能性が出てきます。

もちろん、そんなこと避けたいですよね。そのためには日ごろの生活習慣を見直し、毎日少しの運動をすることが望ましいですよ!

歳をとってもきれいな体は、その女性の努力のたまものともいえます。何もせずに美しいままの女性なんて、いるはずがないのです。

・ 体幹を鍛えてお腹周りに脂肪がつきにくくする
・ 腰のくびれを作るヨガのポーズ
・ 腹斜筋を鍛える筋トレ
・ 基礎代謝の高い体を手に入れる
・ 食生活に気を付ける

 

お腹周りについて興味があるなら、こちらの記事もおすすめですよ。

体幹を鍛えるとデブ女にも効果あり!お腹周りの肉を落とす方法

 

この記事を読んだあなたはツイてる(^_-)-☆