汗のニオイが気になる私が普段からやっている5つのニオイケア

汗のニオイが気になる私が普段からやっている5つのニオイケア
汗のニオイや汗ジミ、汗による化粧崩れなど、汗トラブルには女性にとって乗り越えるべき試練がたくさんあります。

不快感MAXですよね。汗というのは、真水ではないので、塩分などが含まれています。ベトベトした汗には、ほこりや汚れがつきやすく、しかも汗のニオイが・・・いったいどんな対処をしたらいい?

そこで今回は、汗とニオイの対処法をまとめてみました。

汗のニオイが気になる私が普段からやっている5つのニオイケア

 

汗ふきタオル+保冷剤を持ち歩く


汗ふきタオル+保冷剤を持ち歩く
実は汗そのものはほとんど臭わないって知ってましたか?

それが臭うようになるのは、雑菌が繁殖するから。つまり、汗をかいたらすぐに拭いて、清潔にすることが重要です。

特に顔などの化粧品を塗っているところは、きちんとふき取るようにしましょう。
その際、保冷剤を包んだタオルでふくと、一時的に汗も引きますのでおすすめですよ!

濡れたハンカチで包んだ保冷剤をジップロックなどに入れて持ち歩くとより気持ちいいです。
首は大きな血管が集まっている場所なので、首にあてると体温がスッと下がるので、全身の汗も一時的に止まります。

保冷剤なんてもらうことがない!という人は、首元用の冷却剤が売っていますので購入してみては?

無料でもらえる保冷剤よりも大きいものが多いので、長持ちしますしおすすめです。

なるべく「こまめ」を意識すると、ニオイを防ぐことができますよ!

 

食生活で汗のニオイを改善する


ニオイのキツイ汗の原因に食生活が大きく関係しています。

動物性タンパク質・動物性脂肪は、ニオイのもとです。

これらを食べないようにすれば、汗のニオイを抑えることができます。

そのほかにも、梅干しや海藻などは汗のニオイを抑える効果がありますので、ぜひ食べたい食品です。

また、アルコールは体内で分解されるときに嫌なニオイが出るので、飲みすぎは禁物。

タバコのニコチンは、エクリン腺という汗腺から発汗を流すので注意が必要です。

エクリン腺からでる汗そのものには、ニオイはありませんが、汗の量が増えるとニオイのリスクも上がりますので、なるべく汗は出ないようにした方が無難ですね。

 

制汗剤も効果的


制汗剤も効果的
夏になると、たくさんのCMが流れる制汗剤。

スプレータイプやロールタイプ、シートタイプなど、いろんな種類がありますよね。

汗を抑えるという意味では、ロールタイプや、服用するカプセルタイプが、効果が長持ちしていいですよ!
こまめにケアしたい!という場合は、持ち運べる小さなボトルのスプレータイプがいいです。

ただ、香りつきのものも多いので、周りを不快にしないように注意が必要ですね。

 

 

入浴にも一工夫してみては?


アラサー女性の中には、美容のために半身浴をしている人も多いですよね。

お風呂というのは、美容に密接に関係する重要な時間。
1日のうち、1時間も占めていないその時間が、汗のニオイをもコントロールするんです。

汗のニオイというのは、体内で乳酸が生成されることでもきつくなります。

そこで、乳酸の生成を抑えてくれるのが、酢酸。

お風呂にコップ1杯の酢を入れてみてください。
酢酸が汗腺から体内に吸収されて、乳酸の生成を抑えます。

そのほかにも、まずは汗腺を鍛えることが大切。
夏は冷房が発達していて、「汗だくで仕事」なんてあんまり経験がない人が多いのではないでしょうか?

そんな私たちは汗腺が弱いので、汗のニオイもきつくなってきているんだとか・・・
汗腺を鍛えるには、汗をかくことが重要です。

お風呂では、43℃くらいの熱めのお湯とぬるめのシャワーを交互につかることで、血行が促進し、汗が噴き出してきます。

お風呂だったら汗をかいてもすぐに洗い流せるので、汗腺を鍛えるにはぴたりですね!

 

水分補給をする


9876567
意外と大切なのが水分補給です。

「え?水分補給したら汗になって出るから汗が増えるんじゃ・・」って思った女性も多いですよね。

でも、それは大きな間違いです。
水分が不足すると、汗の濃度が濃くなるので、ニオイのもとになってしまいます。
要注意ですね。

たくさん汗をかく人は、夏だけでなく冬も注意が必要です。

特に夏は誰でも脱水になりかけています。

「のどが渇いたな」と思う前に水分補給することが重要ですよ!
熱中症対策にもなるため、水分補給は必須です。

ただのお水やお茶よりも、OS-1などの方が、吸収率は高いのでおすすめですよ!
必ず水分は持ち歩くようにしましょう。

 

今日のまとめ

汗のニオイが気になる私が普段からやっている5つのニオイケア

いかがでしたか。汗のニオイってなかなか自分でも気付けないので、難しい問題ですよね。気付けないけど、指摘されたらもっと恥ずかしいし・・と悩んでいる人も多いはずです。汗の量が多いというのは、「多汗症」の可能性もありますので、人と明らかに違うと思った場合は一度病院を受診するのもひとつの方法ですよ!そして、自分でできるケアは、「こまめに」がキーワード!保冷剤はとっても便利なので、捨てずに取っておくようにしましょう。こまめにケアしてニオイ知らずの素敵な夏を過ごしましょうね!

・ 汗ふきタオル+保冷剤を持ち歩く
・ 食生活で汗のニオイを改善する
・ 制汗剤も効果的
・ 入浴にも一工夫してみては?
・ 水分補給をする

 

あなたはツイてる(^_-)-☆