日焼け後のスキンケアで美肌を守る!健康的な小麦肌にする方法

日焼け後のスキンケアで美肌を守る!健康的な小麦肌にする方法
今年の夏休みは海外のビーチリゾートでこんがり焼いて、健康的な小麦肌を手に入れるぞ!と考えている女性も多いことでしょう。
だけど日焼け後のスキンケアを怠るとシミやしわ、そしてそばかすになってしまう。もちろん冬には美白状態に戻したい。

いったいどんな日焼け対策をしたらいいの?

そんな小麦色の肌を目指しているあなたのために、日焼け後の正しいスキンケアについてお伝えしますね。

日焼け後のスキンケアで美肌を守る!健康的な小麦肌にする方法

 

そもそも紫外線ってそんなに悪いの?


そもそも紫外線ってそんなに悪いの?
春、夏になると女子が気になるのが「紫外線」ですよね。
紫外線は絶対浴びたくない!冬でも日焼け止めは欠かせない!夏には顔まですっぽり隠れるサンバイザーをしているマダムを見かけることはありませんか?
あれ、自転車でつけている人を見ると、どこを向いているかわからないから車を運転しているときとかちょっと怖いときありますよね。
話が逸れてしまいましたが、夏に紫外線対策をバッチリしているという女子の皆さんは結構多いはずです。

かなり昔になりますが、アラサー&アラフォー女子の皆さんが学生時代、コギャルというのがいましたよね。
こんがり焼いた肌、ガングロギャルなるものも登場し、流行った時期がありました。
今の若い人たちからしたら、きっとありえないと思いますが、私のちょっと上の先輩たちは「若い頃に焼いたからシミが気になる」とか「あれから肌がいくら頑張っても美白にならない」なんて言う人も結構います。

今は、全体的に美白ブームもすぎ、白すぎるのも黒すぎるのもNGな感じでしょうか。
私は、日焼けすると赤くなってヒリヒリしてしまうタイプなので、夏の外出は日焼け止めをバッチリ塗って、日傘をさしています。

そもそも、紫外線ってそんなに悪いものなのでしょうか?
まず、紫外線が悪いという理由は、老化を促進するというところです。
アンチエイジングに日々勤しんでいる我々女子にしてみたら、老化を早める要因はすべて断ちたいところですよね。

紫外線は、シミやしわの原因になると言われています。
皮膚科の先生の中には、毎日きちんと紫外線対策をして外に出ることを勧める人もいますよね。子供用の紫外線対策グッズや、肌に優しい日焼け止めもたくさん出ているところを見ても、紫外線が害であることはよくわかります。

しかし、シャットアウトしすぎるというのもちょっと心配なことがあるらしいんです。
人は、太陽の光を浴びることによって、ビタミンDの合成を促進します。
カルシウムの吸収を助ける働きがあるため、骨が強くなると言われているんです。

つまり、あまりにも紫外線を避けて生活すると、骨粗鬆症などの病気を引き起こしてしまうかもしれません。
普通に生活する程度、15分以内の外出は日焼けする心配もないということなので、サッと日焼け止めを塗るか、日傘をさす程度での外出もOKということなんですね。
あまり神経質になって、UV手袋に顔まで覆うサンバイザー、帽子、日傘までバッチリというのはちょっとやりすぎかもしれません。

 

ガッツリ美白は男性に嫌われるってホント??


ガッツリ美白は男性に嫌われるってホント??
もともと色白の人はともかく、化粧で白い肌にしている人ってなんとなくわかりますよね。
そういう、ガッツリ化粧美人というような人は、男性からしたらあまり好まれない傾向にあるようです。

先日、会社の男性陣と飲む機会がありまして、色んな年齢の男性から話を聞く機会があったので、こういう記事を書く仕事をしていることから、いろいろと女性の好みについて聞いてみました。

すると、ある男性からこんな話が出てきました。
「前に付き合っていた彼女が、とにかく美白命みたいな子で、夏の外出はUV手袋に帽子、暑いのに長そで、長いズボンをはいてまるでオバサンみたいだった。そんなことまでして美白を守らなくても、ちょっと日焼けしても気にしないでオシャレをして、元気に明るく夏を楽しんでいる子の方がいいよ」
ということでした。そして、周りの男性陣もうなずいていたのです。

私からしたらそれは衝撃でした。
色白の子はモテるし、綺麗だし、可憐なイメージがありますよね。
でも、やりすぎていろんなことを楽しめないのは、男性から不評のようですね。

それよりも、あまり日焼けを気にしないで、夏を思いっきり楽しむ方が好感があるようです。

 

海外女性のこんがり小麦肌はかっこいい!


海外女性のこんがり小麦肌はかっこいい!
一時期、私はセレブカジュアルファッションにハマったことがありました。
いわゆる、西海岸っぽいファッションなのですが、私が着るとどうも似合わない・・・。
おかしいな?と思って、海外セレブのスナップとかを見ていると、みなさん肌の色が小麦色なんです。
西海岸風なファッションを、色白のややポッチャリな私が着ていたら、それは似合うはずがないわ・・・そう思って、買ってしまった服を眺めて落ち込んでいました。

すると、彼氏が言ったんです。
「今年の夏、日焼けしたら似合うんじゃない?」

なるほど、確かにこんがり日焼けした肌になら、西海岸風ファッションだって似合うはず!ということで、私は今年の夏、日焼けすることを決めました。

そして、ビーチリゾートに旅行することにしたのです。

さて、日焼けすると決めたのですが、今まで日焼けすることを拒み続けて○十年も生きてきた私にとって、早速どうやったらいいかわからなくなってしまいました。

そこで、綺麗に日焼けする方法について調べてみました。

 

 

日焼け止めとサンオイルの違い


その4
日焼けする!といってもただ単に太陽の下に無防備に出てしまうのでは、シミを大量に作って終わりって感じになりますよね。

日焼け止めを塗ってしまったら、日焼けはできないし・・・ということで、ここでサンオイルの出番らしいです。

サンオイルというと、日焼けをしたい人が塗るものというイメージがありましたが、正確にはちょっと違うみたいです。

サンオイルは、紫外線をカットしつつ、こんがり綺麗に焼くためのものというのが正しい答え。
つまり、嫌な紫外線はきちんとカットしてくれる!ここがポイントのようです。
サンオイルは、サンバーンという日焼けによるやけど状態を防いでくれる役割があります。
サンオイルを使えば、嫌な紫外線の害をカットしつつ、こんがり綺麗な日焼け肌になれるというわけなんですね。

こんなにいいものがあったなんて・・・知らなかったわ。

こんがりと綺麗に焼くためには、サンオイルをしっかり塗ることが大事みたいですね。
肌の老化を防ぎつつ、きちんと綺麗に日焼けができるのはうれしいですよね。

 

今年はサンオイルでこんがり小麦肌になろう


今年はサンオイルでこんがり小麦肌になろう
学生時代に、ちょっと日焼けサロンとかで焼いたりした経験はありますが、あとは人生の大半を美白で過ごしてきた私にとって、日焼けはかなりの冒険でもあります。
また、いくら紫外線をカットしてくれるとはいえ、今まで拒んできた紫外線をいきなり「ウェルカム」状態にするのも怖いです。
でも、ここはサンオイルの力を信じて、今年の夏は一回日焼けにチャレンジしてみることにしました。

そして、西海岸ファッションをかっこよく着こなしてみようかな?
そういえば、こんがり焼けた日焼けの肌は痩せて見える効果もあるんですよね。
ややポッチャリな私には願ったりかなったりです!
サンオイルを綺麗に、まんべんなく塗って、美しい小麦肌を目指すことにします。

 

今日のまとめ

日焼け後のスキンケアで美肌を守る!健康的な小麦肌にする方法

いかがでしたか。あなたは美白派ですか?それとももともと色黒の方でしょうか?もし、もともと色黒の方というのなら、それを気にすることはありません。

なぜなら、男性はそんなに美白にはこだわっていないということが分かったからです。

げんに、ちょっと色黒なのかな?と思われる芸能人の女優さんやモデルさんでも人気がある人ってたくさんいますよね。男性からしたら、肌の白い、黒いはそれほど重要なことではないのかもしれませんね。

今年は、紫外線を徹底的にシャットアウトするのではなく、上手に付き合っていきませんか?

・ そもそも紫外線ってそんなに悪いの?
・ ガッツリ美白は男性に嫌われるってホント??
・ 海外女性のこんがり小麦肌はかっこいい!
・ 日焼け止めとサンオイルの違い
・ 今年はサンオイルでこんがり小麦肌になろう

 

この記事を読んだあなたはホントにツイてる(^_-)-☆