ぽっこりお腹を凹ませる!腰のくびれを作る5つの生活習慣

ぽっこりお腹を凹ませる!腰のくびれを作る5つの生活習慣
多くの女性が「ぽっこりお腹を凹ませたい」と思っているのではないでしょうか?

若い頃は凹んでいたはずなのに、同じ生活をしていても加齢とともに徐々にぽっこりしてくる憎き下腹!!

ぽっこりお腹が出ていて、腰のくびれがなかったら、たとえ他が細かったとしてもスタイルが台無しです。

いくつになっても、素敵なお洋服をキレイに着こなせる女性でいたいですよね。

そこで今回は腰のくびれを作りたい方必見!!日常生活で簡単に実践できる5つのポイントをご紹介します。ぜひ参考にしてきれいなスタイルを手に入れましょう。

ぽっこりお腹を凹ませる!腰のくびれを作る5つの生活習慣

 

良い姿勢を保つ


基本中の基本ですが、まずは何より姿勢です!悪い姿勢は骨盤を歪ませます。骨盤の歪みによって血液やリンパの流れが悪くなり、もともと脂肪のつきやすいぽっこりしたお腹まわりにますます蓄積されるようになってしまいます。さらに背中を丸めた猫背は、楽な姿勢なので筋肉を使っていません。腹筋を使わなければぽっこりお腹はたるみっぱなし!

「毎日腹筋運動50回!」なんて意気込まなくても、姿勢を変えるだけで筋肉は鍛えられます。良い立ち姿勢とは、かかと、お尻、背中、後頭部が真っ直ぐになっている状態です。首から背中を通り、お尻へと繋がる背骨のラインがS字のようになります。無理に胸を張ったり、お尻を引っ込めたりすると、S字ではなくなるのでNGです。

確認したい方は、近くの壁に背中をくっつけてまっすぐ立ちましょう。かかと、お尻、背中の肩甲骨、後頭部が壁につき、腰の後ろに手のひら1枚分程度の隙間がある状態が正しい姿勢です。

このような正しい姿勢を保つことで、周囲に与える見た目の印象も、あなたの体そのものも大きく変わりますよ。

 

隠せない服を着る


どうしてもコンプレックスは隠したくなるものです。ぽっこりお腹が気になると、ついついふんわりとしたシルエットのお洋服を選びたくなりますよね。

でも、完全に逆効果。隠せば隠すほど、憎き下腹は緊張感なく出てきます。取り返しがつかなくなる前に、隠すという考えを捨てましょう。

思い切ってウエストマークする着こなしがオススメです!街を歩くとき、椅子に座るとき、食事をするとき…常にお腹まわりを意識するので、良い姿勢も保つことにも繋がります。

それに、隠すより見せたほうが細く見えるのは事実です!

 

裸の自分を観察する


入浴時は、裸の自分と向き合う絶好のチャンス。毎回観察する癖をつけましょう。目をそらしたくなる現実が鏡に映っているかもしれませんが、しっかり受け止めましょう。くびれへの目標意識が高まるのは間違いありません。気付くと無意識に湯船でぽっこりしたお腹を揉みほぐしている自分がいたり、お風呂上りにジュースやアイスへ自然と手が伸びなくなるかもしれませんよ。ひとつひとつの小さな積み重ねが大事です!体は正直なので、ちょっとした気の緩みをすぐに見つけてすぐに修正できるようになります。

 

 

食べ過ぎない、飲み過ぎない


これからの季節は、脂ののった秋刀魚や新米、果物など美味しい食べ物が多くてついつい食べ過ぎてしまいますよね。ダイエット中とはいえ、せっかくですから旬の味覚は味わいたいですし、秋の夜長に楽しむ友人や家族とのお酒の時間も大切にしたいところです。

そもそも激しい食事制限をすると、心が豊かでいられなくなります。反動も起こるので余計に苦しむことになるでしょう。食べてはいけない、飲んではいけないというものは決めず、気を付けるのは“過ぎないこと”だけ。食事を楽しみ、本当の意味で味わうことで人間は満たされます。

この習慣を身につければ、きっと心も体も豊かにスッキリ過ごせますよ。

 

話題のドローイン・ダイエットを生活に取り入れる


腹筋を頑張ったり、ジムに通ったり…一度は挑戦してみたことがある人も多いはずです。それらを継続出来ていれば、ぽっこりお腹の悩みは無縁のはずですよね。何故続かなかったのでしょうか。それは、苦痛を伴ったから。初めはやる気に満ち溢れていても、しばらくすると“疲れた体を奮い立たせて夜な夜な腹筋に励むこと”や、“友人や彼からの誘いを断ってジムに通うこと”を徐々に苦痛だと感じて挫折してしまうようになります。そこでオススメなのが今話題の「ドローイン・ダイエット」です。腹式呼吸をしながら、ぽっこりお腹をギュッと凹ませた体勢を数秒間キープするトレーニングのことです。10秒からでも大丈夫!とっても簡単ですよね。苦痛に感じる前に終わっちゃいます。効果を出すために大切なのは、正しい姿勢と腹式呼吸。これを初めのやる気メラメラ期に修得すれば、その後は電車の中やデスク、自宅でテレビを見ながらでも気軽に取り組めます。

 

今日のまとめ

ぽっこりお腹を凹ませる!腰のくびれを作る5つの生活習慣

いかがでしたか。今回取り上げた腰のくびれを作る5つのポイントは、どれも日常生活にすぐ取り入れられるものです。はじめの一歩を踏み出す際のハードルが低くなければ、どんどん後回しになってしまいます。「千里の道も一歩から」ということわざがありますよね。

「千里もある遠い道のりであっても、まず踏み出した第一歩から始まる」という意味です。

“美しい腰のくびれを作る”という私たちの最終目標のためには、まず一歩踏み出すことが大切です。そして一歩踏み出した後は、継続することに全力を注ぎましょう。

これには、人それぞれ自分に合わせた工夫が必要です。一緒に取り組む仲間をつくる、あえてウエストがきつい素敵なお洋服を買う、水着になる機会のある旅行を予約する等々…。あなたのやる気を短期間奮い立たせる工夫と、長期間保つための工夫を上手く組み合わせられれば、美しい腰のくびれの持ち主にある日も遠い未来ではありませんよ!

・ 良い姿勢を保つ
・ 隠せない服を着る
・ 裸の自分を観察する
・ 食べ過ぎない、飲み過ぎない
・ 話題のドローイン・ダイエットを生活に取り入れる

 

あなたはツイてる(^_-)-☆