セントジョーンズワートの効果!気分爽快でうつ病改善に期待

セントジョーンズワートの効果!気分爽快でうつ病改善に期待
うつ病にも効果が期待できるとして、最近、セントジョーンズワートに注目が集まっています。このセントジョーンズワートとは西洋弟切草(セイヨウオトギリソウ)のことで、欧米諸国ではこの植物の葉がハーブティーとして愛飲されてきました。日本では食品扱いですが、ドイツなどでは医薬品として扱われています。

そんなセントジョーンズワートに関する効能効果についてまとめてみましたのでご覧ください。

セントジョーンズワートの効果!気分爽快でうつ病改善に期待

 

セントジョーンズワートとは?


セントジョーンズワートとは?
「セントジョーンズワート」という名前を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか?

西洋オトギリソウというかわいらしい黄色いお花が印象的な多年草のハーブです。変わった、ちょっと覚えにくい名前なので「何かな?」と不審に思ってしまいますが、ハーブの一種ということなんですね。

地上に出ている部分を乾燥させて、それをハーブティーとして飲むというのが一般的で、ちょっと苦味があるのですが、昔からヨーロッパやアメリカなどで飲まれてきたようです。

日本では、サプリメントとして販売されているのをよく目にしますね。

私がはじめてセントジョーンズワートについて知ったのは、ある化粧品メーカーのサプリメントからでした。
はじめは、変わった名前に「何に効くのかな?」と思って興味を持ち、それからいろいろと調べてみました。

今日は、そんなセントジョーンズワートについて見ていきましょう。

 

セントジョーンズワートの効果と歴史


セントジョーンズワートの効果と歴史
セントジョーンズワートがはじめて医療的な使われ方をしたのは、古代ギリシア時代と言われていて、その歴史は大変古いです。ネイティブアメリカンも、人工妊娠中絶薬や抗炎症剤、収斂剤、消毒剤として使用してきたという歴史があるようです。

ヨーロッパでは「ハッピーハーブ」とも呼ばれていて、気分が落ち込んだときなどに気軽に利用できるハーブとして親しまれています。

セントジョーンズワートの効果は・・・

・気分をスッキリさせてくれる
・ストレスを軽減してくれる
・落ち込んだ気分を和らげてくれる
・生理前の不快な気分を落ち着かせてくれる

など、女性にとってはうれしい効果が期待できます。特に、生理前などにイライラしてしまう「PMS(月経前症候群)」などの症状が見られるときにも飲んでみると気分を落ち着かせてくれるようです。

最近では、うつ病、うつ症状に効果があると言われていますね。この効果のほどは、賛否あるようですが、軽度、中程度のうつ病の症状に効くという話もあります。

医学的根拠という点では、まだまだ研究段階と言えますが、昔から、精神を安定させるために飲まれてきたハーブということで歴史も古いので、そういう点から言えば、信頼できるハーブなのかな?という気がしますね。

薬ではなく、あくまでもサプリメントとして服用するものなので、軽いうつかな?とか、気分が優れない・・・などというときに気軽に試すことができるところもうれしいですね。

落ち込んでしまったり、ストレスを感じているとき、それを我慢するのは身体に悪いです。この状態をなんとか脱したい・・・そう思いながら悶々とした日々を過ごすのなら、できるだけハーブの力を借りて、その状態を改善したいですよね。

そういうときに、セントジョーンズワートはあなたの力になってくれることでしょう。

 

セントジョーンズワートは副作用があるの?


セントジョーンズワートは副作用があるの?
セントジョーンズワートというハーブを調べると、必ずと言っていいほど出てくるのが「副作用」のことです。

薬やサプリメントには副作用があるものが存在します。セントジョーンズワートの場合はどうなのでしょうか?

うつの治療薬で、「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」と呼ばれるカテゴリーの薬である「フルオキセチン」という薬があるのですが、その薬によく似た副作用が出るという報告があります。不安感、パニック発作、めまい、嘔吐、記憶喪失、攻撃性などがあるという話もありますが、うつ症状がひどいケースや、他に飲んでいる薬がある場合を除いて、きちんとした容量を守って飲んでいる場合は、それほど深刻な副作用が出ることはないようです。

最も一般的な副作用と言われているものは胃腸症状、めまい、意識混濁、けん怠、鎮静でそれも希であるということです。普通に摂っている場合は、それほど神経質になることはないでしょう。

 

 

薬やサプリメントに頼りすぎないことも大切


薬やサプリメントに頼りすぎないことも大切
うつ症状を軽くするために、セントジョーズワートを飲み始めるという人は結構いますよね。

「うつ病」と言われる病気は、近年増加傾向にあるようです。私の周りには「新型うつ病」と言われる新しいうつ病の人が結構います。

新型うつ病は、仕事のときだけうつ状態になり、プライベートのときは問題ないという人がいたりして、一見「怠けているのでは?」と思われてしまう、ちょっと厄介なものだったりします。

学校に行くのが嫌で、うつっぽい症状が出てしまう。仕事に行くとストレスを感じ、うつの症状が出る・・・。

なども、新型うつ病の一種かもしれません。まさに、現代社会が生んだ病と言える新型うつ病ですが、プライベートや自分がやりたいことを前にすると元気に、意欲的に取り組めるため、なかなかうつ病とは理解してもらえず、本人も病院に行かないで放置してしまうケースも多いようです。

ちょっとうつ病かな?と感じたら、できるだけ早く病院を受診するのが一番です。しかし、精神的な病であるため、なかなか病院に行くのが億劫になってしまう人もいるようです。

私も、実は数年前に気分があまりにも落ち込んで、病院に行こうか迷った時期がありました。周りの環境が変わり、上司が変わり、何をやってもうまくいかないという時期があったのです。そんなとき、薬を飲むほどじゃないけれど、なんとかこの状態を改善したいということで、セントジョーンズワートを飲み始めました。

うつ状態だった気持ちがスーッと楽になって、雲がかかったようになっていた頭の中がスッキリしてきたというのを実感しました。

あくまでも個人差があることなので、万人に効くというわけではありませんが、選択肢の一つとして、切り札として、セントジョーンズワートの存在を知っておくこともいいかもしれません。

 

セントジョーンズワートと上手に付き合っていくには?


セントジョーンズワートと上手に付き合っていくには?
副作用の報告などもあり、ちょっと怖いな~と感じている人もいるかもしれません。そういう人は、サプリメントを飲み始めるなら、まず1日1錠から飲み始めていき、一ヶ月ほどそれを続けてみてください。そして、身体が慣れてきたなと感じたら、規定の容量に増やしてみるという感じでやっていくといいかもしれません。

セントジョーンズワートは、確実な効き目がある薬とは違いますから、それほど神経質になることはありません。

なかなか効かないからといって、たくさん飲むのは危険ですのでやめましょう。あとは、体調によってはめまいを感じたり、身体に不調が出ることがありますので、そういうときも飲むのをやめたり、自分で自分の身体と相談しながら続けてみてくださいね。

私は、PMSの症状がひどく、生理前になるとかなり落ち込んだり、ストレスを感じたりするので、最近はその時期だけセントジョーンズワートを飲むようにしています。

それも、規定量の半分だけ飲んでいます。私にとっては、お守りのようなサプリメントで、飲むと落ち着くような気がするんです。そういうサプリメントがあるというだけで、なんだかストレスを感じても大丈夫!と強い気持ちになれる気がしませんか?

 

今日のまとめ

セントジョーンズワートの効果!気分爽快でうつ病改善に期待

いかがでしたか。気になる、セントジョーンズワートについて見てきました。もし、心が弱っていて、ツライとき、手を差し伸べてくれるようなサプリメントがあったらいいですよね。

あなたもぜひ、セントジョーンズワートで気分スッキリ、爽やかな毎日を過ごしてみませんか?
きちんと用量を守って、正しく付き合っていくことが大切です。

・ セントジョーンズワートとは?
・ セントジョーンズワートの効果と歴史
・ セントジョーンズワートは副作用があるの?
・ 薬やサプリメントに頼りすぎないことも大切
・ セントジョーンズワートと上手に付き合っていくには?

 

あなたはツイてる(^_-)-☆