毛穴レス美人は使っている!小鼻の皮脂を大切にする幹細胞美容液

毛穴レス美人は使っている!小鼻の皮脂を大切にする幹細胞美容液
女性を悩ませる毛穴のお手入れ・・・「黒ずみ」「ドロドロ皮脂」「角栓」など悩みの種類は色々ありますよね。悩み別にお肌の手入れ方法があるけれど、どんな肌の悩みにも効果のある正しいスキンケアをきちんと理解していますか?

意外と勘違いしたまま間違ったスキンケアをしている女性も少なくありません。そこで今回は、やってしまいがちな毛穴のNGケア2つと、小鼻美人になるためにどんどんすべきスキンケアを3つ、わかりやすくお伝えしますね。

毛穴レス美人は使っている!小鼻の皮脂を大切にする幹細胞美容液

 

お肌はデリケート・・・小鼻を擦りすぎると!?


お肌はデリケート・・・小鼻を擦りすぎると!?
お肌は、デリケートなもので、優しくしないと直ぐにヘソを曲げて荒れてしまうのです・・・そう、まるで女心のようですね。そうです、小鼻の毛穴に皮脂がつまったからといって、念入りにゴシゴシ強く擦るのは、かえってNGなのですよ。

個人差はあれど、お肌は適度な水分と油分で保護されてますので、洗顔フォーム等で油分を落としすぎてはかえってよくないのです。何事もやりすぎはよくない、ということでしょうか。

ただ、お肌は個人差がありますので、自分の肌の質を見極める事が大切だと思います。特に、敏感肌の方は、擦りすぎにご注意くださいね。

 

小鼻の皮脂を取りすぎてもダメ!?


小鼻の皮脂を取りすぎてもダメ!?
巷で売られている小鼻ケア化粧品には様々なタイプがあります。

小鼻の角栓除去のパック、角栓を押し出す器具など・・・または、自己流で小鼻のケアをしている方もいるかもしれませんね。

しかし、その毎日の努力をあざ笑うかのように、取っても取っても新たな角栓が・・・!?更に、小鼻のケアをしているのに、かえって小鼻の毛穴が荒れて、肌がボロボロに・・・(泣き)なんて方もいらっしゃるのではないかと思います。

いったい何が間違っているの!?と思いますよね?

実は、小鼻はイジリ過ぎてもダメなのです。何がダメかというと、小鼻の皮脂を取りすぎて、角質層のうるおいが無く、皮膚がヨレヨレになってしまうからです。

人間には、ある程度の油分は必要なのですよ・・・鏡を見て、もし小鼻の毛穴がヨレヨレになっていたら、皮脂の取りすぎにご注意くださいね・・・

・・・と、ここまで読んで悲観的になってしまった方、申し訳ありません・・・では、気をとりなおして、ここからは小鼻美人になるケアをご紹介しますね♪

 

美魔女になるための代償・・・うるおいティッシュ


美魔女になるための代償・・・うるおいティッシュ
お肌には水分と皮脂が適度に必要です。花粉アレルギー等で鼻をかむとき、鼻の下や小鼻がティッシュに擦られて傷ついています。

それってティッシュで皮脂を取ってるからなんですよ・・・かと言って、鼻をかまないわけにはいかないので、市販の「うるおいティッシュ」(ローションタイプなど)を使うとよろしいかと思います。

少々高くても、お肌が傷つくよりはマシではないでしょうか?

デリケートなお肌をいたわる為の代償だと思えば、少々の出費は苦にならないかも・・・また、鼻をかむだけではなく、普段のお肌のお手入れにも「うるおいティッシュ」は良いですよ♪

 

 

洗顔の仕方によって、小鼻はきれいになる!?


洗顔の仕方によって、小鼻はきれいになる!?
お肌の皮脂を取りすぎない洗顔・・・なにか矛盾しているような感じですが、ようするにお肌に必要な油分、水分を残して、汚れ(古い角質、汗、酸化した皮脂汚れ)を落とすということなのです。

ですが、果たしてそんな洗顔料があるのでしょうか?

これも効能には個人差があるので、一概には言えませんが、実はかなり優秀な洗顔料があるのです。

お肌に良い洗顔料とは、古い角質を取り、お肌のターンオーバーを促す、粒子の細かいもの・・・粒子が毛穴に入り込みやすく、汚れを落としやすい洗顔料です。そういう洗顔料は、毛穴を綺麗にするので、シミやシワ、ほうれい線などにも効果があり、美肌には欠かせない必須アイテムなんですよ!

そして、毛穴がきれいになったら、美容液(幹細胞美容液など)や化粧水が浸透しやすくなるので、お肌の透明感が増し、見た目年齢も若返るかもしれませんね。

スキンケアの基本は洗顔にあり!といっても過言ではないでしょう・・・

 

ここだけの話、お肌を痛めにくいメイクの仕方があるのです


ここだけの話、お肌を痛めにくいメイクの仕方があるのです
ここだけの話というと大げさですし、ご存知の方もいるとは思います・・・それは、なるべく肌に負担のかからないメイク・・・本来の肌は、キメが細かくて、適度な潤いがあります。

しかしファンデーションを塗ると、肌に負担がかかり、皮膚呼吸もすっぴんの時より出来にくくなりますよね。そう、ファンデーションは毛穴を塞ぐので、お肌によくない事は間違いないのです。

確かに、リキッドファンデをしっかり塗って更にパウダーファンデで仕上げたら、陶器のように美しいベースメイクが出来上がります・・・その上にマスカラ、アイライナー、口紅、チーク、アイシャドウ等を重ねたら・・・とても美しいお顔に仕上がります・・・がしかし、お肌への負担は・・・!

そして、メイクを落とす時も、お肌への負担はかなりありますよね?若い時には、多少の肌への負担はあっても回復力があります。

しかし、年齢とともにお肌の回復力は減退してきますから「最近、お化粧のノリが悪い!?」と思ったら、お肌を労わってあげたほうが良いかもしれませんね。

そこで、お肌への負担軽減のために、ナチュラルメイクをお勧めします。いつものように基礎化粧品でお肌を整えたら、紫外線防止効果のある化粧下地(肌色に近い色)を塗り、そばかすやシミを予防しましょう。

その上にパウダー(地肌に近い色のブレストパウダー)を、念入りに乗せていきます。後は、アイシャドウやチーク、口紅などをつけていけば出来上がり!

薄化粧の方が、若返り効果があり、かえって品よく仕上がりますよ♪
一度、試してみてはいかがでしょうか。

 

今日のまとめ

毛穴レス美人は使っている!小鼻の皮脂を大切にする幹細胞美容液

小鼻の皮脂を大切にする幹細胞美容液

いかがでしたか。小鼻のケアは、失敗すると肌がボロボロになり、酷い場合は皮膚科クリニックに行って治療しなければならない事態になることも・・・!気をつけたほうがいいですね。

そして、もう一点付け加えるならば、女性にとって睡眠不足は大敵です!夜は早めに寝て、疲れを取ってくださいね。寝不足で目の下にクマがあると、老けて見えますから・・・やはり、女性は素肌が美しいと、若々しく見えてお得ですよね。

自分にあった適切なエイジングケアを見つけるための一つの方法として、この記事を参考にしてみてくださいね。

・ お肌はデリケート・・・小鼻を擦りすぎると!?
・ 小鼻の皮脂を取りすぎてもダメ!?
・ 美魔女になるための代償・・・うるおいティッシュ
・ 洗顔の仕方によって、小鼻はきれいになる!?
・ ここだけの話、お肌を痛めにくいメイクの仕方があるのです

 

この記事を読んだあなたはホントにツイてる(^_-)-☆