手帳嫌いの私が手帳でスケジュール管理するようになった理由5つ

手帳嫌いの私が手帳でスケジュール管理するようになった理由5つ
完全ペーパーレスで仕事することが可能になった現代社会の中でわざわざスケジュール管理を手帳でする必要なんてあるのでしょうか。

私はマンスリータイプ、ウイークリータイプなど使い分けるのも面倒で書き方もイマイチよくわからなかったんです。

ところがある日の出来事で、手書きの手帳で自分の予定を管理するようになったんです。なぜなら・・・

手帳嫌いの私が手帳でスケジュール管理するようになった理由5つ

 

手帳が売り場にズラッと並ぶと・・・


手帳が売り場にズラッと並ぶと・・・
この時期、手帳が雑貨屋さんやデパートなどでズラッと並んでいる光景を見ると、ついつい足を止めてしまいます。

カラフルな手帳、便利な手帳と色々あって見ているだけでも楽しいですよね。大きさも、小さいポケットサイズから大きめのサイズのものまでさまざまで、つい手に取って眺めてしまいます。

先日、某バラエティショップに行ったとき、かれこれ1時間ほど手帳売り場で手帳を眺めていた私です。

女性にとっては、手帳ってなんかすごく魅力的なんですよね。
はじめは外見のかわいさで手に取り、中身のデザインを見て気に入って買ってしまう。
一個買った後に、また欲しいものが見つかると、いらないのに買ってしまうことだってあります。

今は、スマホで何でも管理できる時代ですね。もちろん、私もスマホでスケジュール帳をインストールして使っています。
スマホのスケジュール帳のいいところは、アラーム機能があるところですね。やらなきゃいけないことを登録しておくと、アラームを鳴らして知らせてくれます。そういう機能はアナログな紙の手帳にはありません。

しかし、なんでも便利になった時代だからこそ、自分の脳をきちんと使って管理するというのもいいですよね。

今日は、そんな手帳の魅力について再確認していきましょう。

 

ブランドの手帳カバーを思い切って購入した


ブランドの手帳カバーを思い切って購入した
手帳を使い続けたいと思ったら、やっぱりブランドの手帳カバーを買うのがオススメです。
一度買ってしまえばリフィルを買うだけでずっと使うことができるので、愛着がわきます。

私も、ブランドの手帳カバーを買って愛用しています。三つほどあって、その年によって使い分けています。一つだとどうしても使い続けていくうちにボロボロになってしまうので、いくつか持っているといいですね。

その年の「ラッキーカラー」というものが年末になると発表されると思うのですが、その色の手帳カバーを選ぶようにしています。ない場合は買い足して、一つ捨てて常に手帳のストックは三つになるように調整しています。

捨てた後に「捨てた手帳カバーの色が、今年のラッキーカラーだった!」なんてこともあります。そういうときは、ゴールドの手帳カバーを使うようにしています。

三つのうち一つはゴールドの手帳カバーなので、なんにでも対応できるようなゴールドを選んで金運や全体運をアップさせるようにしています。


C&L TRASCO B6サイズ 革製 手帳カバー 栞付 City (オレンジ)

ぜひ、あなたもお気に入りのブランドの手帳カバーを探してみてくださいね。

 

「ほぼ日手帳」で日記を書くのが楽しい!


「ほぼ日手帳」で日記を書くのが楽しい!
私の周りでも使っている人が多い「ほぼ日手帳」。オシャレな人はみんな持っている感じですよね。

色んなタイプの手帳があるのですが、どれもシンプルで自分で作り上げていく「自由さ」が人気の秘密ではないでしょうか。

私は「カズン」というタイプのものを持っていて、デイリーのところに自分のその日に行ったことを書くようにしています。

・その日に行ったカフェのメニューの写真を貼り付ける
・見た映画の半券を貼り付ける
・ちょっとしたイラストを描いてみる
・マスキングテープやシールなどでデコる

など、色んな使い方をしてオリジナリティあふれる日記帳として活用しています。


【HUKURO】 本当に使える手帳カバー A5 冊子タイプ 本革 栃木レザー ほぼ日手帳カズン (ライトブラウン)

その「ほぼ日手帳」を写真にとってインスタグラムに投稿するのも流行っていますよね。私の友達も、インスタグラムに日記帳を載せるというのにハマっていて、それを見るのが楽しみでもあります。

アナログな手帳に書いた日記を、インスタグラムに載せるってなんだかおもしろいですよね。新しい手帳の使い方という感じがします。

 

 

書いても消せるペン&スタンプで手帳が綺麗に・・・


書いても消せるペン&スタンプで手帳が綺麗に・・・
アナログの手帳のマイナス点と言えば、書いたら消せないというところではないでしょうか?

せっかく買った新しい手帳に予定を書き込んだのに、一週間間違えていた!ということってよくありますよね。
私も、何度も二重線で消して書き直しているうちに書くスペースがなくなって、矢印で欄外に書き込む・・・なんてことがしょっちゅうで汚い感じになってしまい、そのうちにだんだん書くのが嫌になってしまったことがあります。

やっぱり、そうなってくるとどうしても書く気が起きなくなってきて、一ヶ月くらい使っただけで手帳を眠らせてしまうことになってしまいますよね。

しかし、今は文房具も進化していて、消せるボールペンやスタンプといったものがあるんです。

消せるボールペンはかなり有名になりましたが、最近消せるスタンプも出たんですよね。
スタンプは、手帳を華やかにしてくれる大切なアイテムですが、存在感がある分、間違えたときのショックも大きかったですよね。
そういう点、消せるスタンプならその心配はありません。


PCM竹尾 付箋 PETA L 透ける付箋 20枚 ホワイト 1736298

さらに、「書けるふせん」というのもあるので、あらかじめふせんの上に予定を書いて貼っておけば、間違えたらはがして場所を移動することも可能ですから便利ですよね。

来年の新しい手帳を買うときは、ぜひこういう便利グッズも合わせて買うことをオススメします。
手帳に書き込むのが楽しくなるだけでなく、私のように秋っぽい人も手帳を長く使い続けることができるようになりますよ。

 

なんだかんだ手書きで管理するのが好き


なんだかんだ手書きで管理するのが好き
女性って、やっぱりなんだかんだ手書きというものが好きじゃないですか?

学生時代からお手紙を書いたり、カワイイ文字を書くのに練習したり・・・。そんな風にアナログな手書きが好きだという人は、いくつになっても手帳が好きなのではないでしょうか。

私自身、やっぱり手書きが好きなんです。
手で書いて管理すると自分でも覚えているものだし、大事な仕事のスケジュールはやっぱり手書きの方がいいと思ってしまいます。

アナログな人間なのかもしれませんが、綺麗に書けたときはうれしいし、何度も見返してしまったり、それも楽しい時間なんです。

私の部下で、イマドキ女子の若い子はスケジュールはすべてスマホで管理しています。私自身、それを否定する気はありませんが、会議などでもスマホを取り出してメモをしているんですね。
私は、手帳を持っていってメモ欄に書いてからあとでまとめるようにしているのですが、彼女は、スマホのメモ機能を使ってメモをして、あとでスマホのスケジュール帳に入れなおしてという感じで簡単に管理しているようです。

しかし、上司の中には「人が話しているときに、スマホをいじっている」とあまりいい印象を持たない人もいます。それで、彼女も上司に注意されたのですが、「スマホでメモしているだけですよ」とケロッと言っていました。
若い人たちは度胸が違うなと感心してしまったのですが、やっぱり悪い印象を与えるならやめたほうがいいかもしれないですよね。

手で書くよりもスマホで文字を入力したほうが確かに早いですし、あとでスケジュール帳に移すのもコピーするだけで済むので確かに便利ですが、こういうシーンでは手書きの方をオススメします。

 

今日のまとめ

手帳嫌いの私が手帳でスケジュール管理するようになった理由5つ

いかがでしたか。いくら便利な時代になっても、やっぱり手書きには手書きの魅力がありますよね。手帳を綺麗に書いている人を見ると、几帳面な人なんだなと思って、つい見てしまいます。

自分のお気に入りの手帳を見つけると、その手帳を使うのがうれしくなってワクワクしてしまいます。

一年経つとその気持ちは薄れますが、また新しい手帳を見つけて買って・・・という感じで毎年ワクワク感が楽しめるんですよね。
今年も、あなたにとって特別な手帳を探してみてくださいね。

・ 手帳が売り場にズラッと並ぶと・・・
・ ブランドの手帳カバーを思い切って購入した
・ 「ほぼ日手帳」で日記を書くのが楽しい!
・ 書いても消せるペン&スタンプで手帳が綺麗に・・・
・ なんだかんだ手書きで管理するのが好き

 

あなたはツイてる(^_-)-☆