モートン病の症状あり!足のしびれの原因はハイヒールのせい?

モートン病の症状あり!足のしびれの原因はハイヒールのせい?
モートン病の症状としては、足の指の間がしびれたり痛みがあることらしいです。あまりにも痛くて歩けなくなることもあるそうです。

元々はアラフォーの病気と言われていますが、最近では20代の若者の間でも発症する人がいるみたい。

そこで今回は、モートン病の症状や予防法についてまとめてみました。

モートン病の症状あり!足のしびれの原因はハイヒールのせい?

 

ハイヒール依存していませんか?


ハイヒール依存していませんか?
あなたの身長は何センチですか?

私は155センチとやや小さいため、ハイヒールが欠かせない生活を送っていました。ハイヒールを履くと、背がちょっと高くなるというだけではなく、足もスラっと見えるので一度履いたら手放せなくなってしまうんですよね。

そして、ハイヒールを履くと、ヒップアップ効果もあるというので、履かない手はないと思っていました。

はじめてハイヒールを履いたのは、大学生の頃。

家が厳しかったので、高校生まではかかとの高い靴を履くことはありませんでした。
大学生になって、はじめてヒール高7センチのものを履いたとき・・・感動しましたね。「女になった」という感じがして、あのときはじめて履いたパンプスのことは今でも覚えています。

母親に買ってもらったブランドのハイヒールパンプス。すごく大人になったような気がして、今は履くことはありませんが大事に取ってあります。

さて、そのはじめてのハイヒールの衝撃以来、私は買う靴はすべてヒールの高い靴で、スニーカーやペタンコ靴なんて持っていませんでした。

社会人になってからは、それがどんどんエスカレートして、ヒール高11センチのものを平気で毎日履いて通勤していました。

しかし、ある日、私は足に激痛が走るようになったのです。
はじめは、疲れているのかな?と思っていたのですが、痛みは日に日に増していき、ついには歩くのさえ困難になってしまいました。一番恐れていた、ペタンコ靴で通勤する羽目になったのです。

病院に言ったら「モートン病」と言われました。はじめて聞いた、不思議な病名。ちょっと怖かったのですが、正しい治療をすればよくなるものだったので今は完治しました。

私がかかったモートン病。

今日はその正体について詳しくご紹介します。

 

気になる、モートン病の症状


気になる、モートン病の症状
モートン病とは、簡単に言うと第3趾と第4趾の間または、第2趾と第3趾で起こる痛み、そして、指にしびれが出たりする症状のことです。
常にハイヒールを履いていると、足の指の神経が圧迫され滑液包と呼ばれる骨と骨の間にあるクッションが繰り返された刺激によって炎症を起こし、足の指の裏がしびれるという症状が出ます。

私も実際は痛みの症状からしびれに移行して、怖くなって病院を受診しました。痛みくらいは耐えられるものですが、しびれるというのはちょっと怖いですよね。

最近、テレビなどでも特集を組まれるほど注目されているモートン病ですが、実は整形外科医や鍼灸師でもモートン病を知らない人がいるほど、あまりメジャーではない病気なんだそうです。
ただ、長時間ハイヒールを履いていたことで足が疲れたんだろうと思って放置しておくと、悪化した場合には手術になることがあるそうです。

神経剥離、神経腫摘出、深横中足靱帯の切離等の手術。
ちょっと難しい文字が並んでいますが、手術になるのだけは避けたいですよね。

では、モートン病にならないためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

モートン病にならないためには?


モートン病にならないためには?
モートン病にならないためには、やはりきちんと自分の足に合った靴を選ぶということが大切です。
そして、無理なハイヒールは絶対に履かないこと。

今、ファストファッションブームということもあり、安いものだと1000円ほどで靴が売られている時代です。
先日、100円ショップに行ったら靴が売っていたので驚きました。

女性のファッションの流行はめまぐるしく変わりますよね。
流行の靴は買ってもすぐに履けなくなってしまいますので、安いものを買いたくなる気持ちはわかります。

私も、実は靴なんて何でもいいやって思っていたのですから。
しかし、自分の足に合った靴は履き心地がよく、長時間履いていても疲れません。

まずは、正しい自分の足の形を知ることが大切です。

そこで、デパートの靴売り場に出向いて足を見てもらいました。私は、偏平足でアーチが弱く、ワイズは広め、若干外反母趾気味でした。
私にピッタリ合う市販の靴はほぼないと言われてしまいました。

モートン病になってから、ハイヒールをやめてペタンコの靴を履いてはいたのですが、いくらペタンコだからといって自分の足に合わないものを履いていてはダメなんだそうです。

そこで、どんなペタンコの靴がいいのか教えていただいたら、私の場合、ワイズが広いので、バレエシューズなどの甲が浅いパンプスを履くととても不恰好になってしまいます。
なので、私の足には甲が深めのオペラパンプスやローファーなどがいいと教えてもらいました。

オペラパンプス

そこで、きちんとサイズを計ってもらって、私のサイズに合ったローファーを作っていただいたところ、とても履き心地がよく、モートン病も進行することなく、足の状態がよくなっていきました。

やはり、きちんと専門家に見てもらうこと、そして自分の足を知り、サイズを計ってもらってぴったりと合うシンデレラシューズを買ってみることをオススメします。

もし、普段遊びに行くのに履く分には安い靴でもいいと思います。でも、毎日仕事で履く通勤靴はきちんとしたものを選びたいですね。

そして、もう1つ、通勤靴は2~3足は用意しておくといいようです。
1足だとどうしても消耗が激しくなってしまって、かかとの減りなどで偏ってきてしまいます。
2、3足の靴を上手にローテーションして履くのが一番なんだそうです。

 

 

モートン病になってしまったら・・・


モートン病になってしまったら・・・
今の時点で、自分はモートン病かもしれない・・・と思ったら、とりあえずハイヒールを履くのをやめて整形外科などに行ってみましょう。
先生によってはモートン病を知らない、または知っていてもそれと判断されない場合もありますので、きちんと「しびれがあるということ」を伝えて、モートン病ではないでしょうか?と聞いてみてください。

先生によっては、素人が生意気なことを言うと怒ってしまう人もいますので、
あくまでも、「テレビで見たんですけど、違いますかね?」くらいの下手に出て聞いてみることをオススメします。

もし、モートン病じゃないと言われても、ちょっと怪しいと思ったらほかの病院に行って聞いてみるのもいいですね。


インソールプロ 足底筋膜炎対策 レディス M(23.0~23.5cm) ベージュ

一般的な治療方法は、保存療法で、まず原因となる靴を履かないこと。そして、どうしてもヒール靴を履かなければならない場合は「足底板療法」を行います。

足底板とは足の裏につけるパッドのようなもので、市販でも売られているそうです。それを痛みのある個所に貼り付けて歩くだけで痛みが軽減されるんですね。


clausius 偏平足 アーチサポーター 衝撃吸収 足裏 足底の痛みを解消!左右セット

私も、この足底板をつけて歩いていましたが、かなり楽になりましたよ。

保存療法で、ほとんどの人が治るということなので、痛みを我慢せず病院に行くこと、そしてモートン病ではないか?ということを勇気を出して尋ねてみることも大切ですね。

 

足は大切にしましょう。


足は大切にしましょう。
ハイヒールは魅力的な靴ですし、やっぱり諦められないという人も多いですよね。実際、私もモートン病になり、あれだけ痛い思いをしてもやっぱりハイヒールへの憧れは捨てられません。

そこで、私が最近履いているのは、ウエッジヒールのパンプスやブーツです。

98765-1

船底みたいな感じになっているタイプのものですね。なだらかな曲線になっているので傾斜が少なく、かつ背が高くなる代物です。安定感もあるので、とっても歩きやすいんです。

ウエッジヒールでも高低差が激しいものもありますので、やはり履いてみないとわかりません。

前の部分と後ろの部分の高低差が少ないプラットフォームと言われるものが、一番安定感があります。ただ、厚底なので足をくじかないように注意する必要はありますね。

 

今日のまとめ

モートン病の症状あり!足のしびれの原因はハイヒールのせい?

いかがでしたか。一番は、フラットのタイプで自分の足に合うものを選ぶこと。そして、たまに遊びに行くときにはちょっとヒールがある靴を履いてもいいかもしれません。

ヒール高5センチくらいだと足に負担がかからずに、足を綺麗に見せてくれる効果も多少は期待できます。

もしヒール靴を履かなくてはならないお仕事の方は、参考にしてみてくださいね。

▼男性が気になる女性の体型ワースト5
第5位 下半身デブ
第4位 肥満
第3位 垂れ下がったお尻
第2位 痩せすぎ、細すぎな太もも
第1位 くびれのないお腹周り

男性に嫌われたくない!だったらモデル並みに美ボディな女になるしかありません。
今すぐメリハリBODYになる方法

・ ハイヒール依存していませんか?
・ 気になる、モートン病の症状
・ モートン病にならないためには?
・ モートン病になってしまったら・・・
・ 足は大切にしましょう。

 

あなたはツイてる(^_-)-☆