LSDトレーニングで脂肪燃焼!ランニングのダイエット効果とは

LSDトレーニングで脂肪燃焼!ランニングのダイエット効果とは
ランナーたちの間で「ゆっくりと長い距離を走るため」の練習方法として知られているLSDトレーニング。LSDトレーニングには“脂肪燃焼効果がある”とも言われており、運動をしてダイエットをしようかなと考えている女性にもピッタリの運動方法です。

「そのトレーニング方法、私聞いたことがないなぁ・・・」という人も多いかと思いますが、どのような効果があるのかを知れば、取り組まずにはいられなくなるはず!

そこで今回は、LSDトレーニングから得られる効果や実際のトレーニング方法、運動時の注意点などをご紹介します。ランニングで美ボディを目指している、運動系のダイエットに興味があるという人はぜひ参考にしてみてくださいね。

LSDトレーニングで脂肪燃焼!ランニングのダイエット効果とは

LSDトレーニングとは?


LSDトレーニングとは?

・Long Slow Distanceの略

LSDトレーニングとは「Long(長い)Slow(遅い/ゆっくり)Distance(距離)」の頭文字をとった運動方法のこと。

「遅いスピードで長い距離を走ること」に特化したトレーニング方法です。

ゆっくり長く走るので、疲労物質の乳酸が溜まりにくく、体への負担も少ないため、運動に慣れていない人やランナー初心者にも最適な運動方法だと言われています。

・なぜゆっくり走らなければならないのか?

LSDトレーニングでゆっくり走らなくてはならない理由は「マラソン体質を無理なく作るため」です。

① 遅筋を鍛えられる

筋肉には「速筋」と「遅筋」があり、ランニングで必要なのは遅筋を発達させること。LSDトレーニングでは、ゆっくりとしたペースで走るので初心者でも無理なく遅筋を鍛えていくことが可能です。

② 持久力が高まる

LSDトレーニングを続けていると、毛細血管が拡張・発達します。すると酸素を取り込みやすい体質に変わってくるので、持久力が高まり“走り続けられる体”に変わっていきます。

・なぜ脂肪が燃えるの?

脂肪燃焼効果があるのは、20分以上の有酸素運動を続けた時。つまり、LSDトレーニングはこの条件を満たしているのです。ちなみにLSDトレーニングはゆっくり走るので体への負荷がかかりにくく、運動を長く続けられるのも脂肪燃焼効果しやすい理由です。

 

LSDトレーニングのやり方


LSDトレーニングのやり方

・ランニング初心者には

ランニング初心者は、走るための体を作ることからスタートします。始めから無理は禁物。1km10分くらいのペースで、30分〜1時間程度走ってみて。

・ランニング上級者には

ランニング上級者は1km6〜8分くらいにペースを上げて、2〜3時間走ります。その他のトレーニングも組み合わせると◎

・心拍数の目安と測り方

LSDトレーニングの最適な心拍数は、120~140bpmくらいがベストと言われています。誰かと会話をしながらでも余裕を持って走れる心拍数で、息もほとんど上がりません。心拍数を測るには、心拍数を計測できるランニングウォッチが便利ですよ。

・LSDトレーニング頻度

LSDトレーニングの頻度は、週1〜3回という人が多いよう。こればかりやればいいというものではなく、他のトレーニングや筋トレなどと組み合わせて行うことで、より脂肪燃焼効果が高くなります。

 

 

LSDトレーニングで期待できる効果


LSDトレーニングで期待できる効果

・心肺機能向上

LSDトレーニングは心肺機能向上にも効果的。心肺機能が高まると、体内に効率よく酸素や血液を循環できるようになり、体力がついてきます。それに加えて、体温も上がるのでより燃焼力・体の免疫力も上がります。

・基礎代謝向上

LSDトレーニングで筋肉量が増えると、基礎代謝が上がり消費カロリーもアップ!運動していない時でも、脂肪燃焼しやすい体へと変わっていきます。

・体脂肪燃焼によるダイエット効果

有酸素運動は体脂肪燃焼に効果的。体内で脂肪燃焼に働きかける細胞「ミトコンドリア」が増え、食欲を抑えるホルモンなども分泌されて、痩せやすくなるそうです。

・脳への効果も

記憶力や判断力、思考力などビジネスパーソンに必要な脳機能が、LSDトレーニングで高まると言われています。運動時に分泌されるホルモンのおかげで、脳内が活性化。様々な脳の領域が発達していくそうです。

強度の高い運動と比べて、運動時に考える時間や余裕もあるので、脳のリフレッシュにも最適。企画や発想力が必要な仕事の人にもおすすめです。

 

LSDトレーニングの注意点


LSDトレーニングの注意点

・食事面

運動後は空腹感を感じたり、甘いものが食べたくなったりしますが、そこでカロリーを多く摂取してしまうと効果は半減。肉や魚などのたんぱく質や野菜などを、バランスよく食べることを意識しましょう。

・ランニングフォーム

LSDトレーニングは、脚をあまり上げずキック力に頼らないフォームで走るのが良いとされ「前に体重を移動させる」イメージで行います。スピードは上げすぎないように、一定のペースを守って走ることも大事です。

・長距離を走る場所

公園の周りや河川敷、土手などはランナーが走りやすい場所だと言われていますが、人目がない場所は危険。時間帯・場所をしっかりと選んで走るようにしましょう。

 

 

LSDトレーニングにオススメのアプリとウェア


LSDトレーニングにオススメのアプリとウェア

・GPSウォッチ

GPSウォッチには、便利な位置測定システムが搭載されています。それだけでなく心拍数の測定や、運動強度を測定する機能などが備わったものもあるので、ランナーであれば1つは持っておきたいところ。

・スマホのランニングアプリ

スマホのランニングアプリ
走行距離やタイム、消費カロリーなどを測定できるスマホのランニングアプリは、LSDトレーニングのモチベーションの持続に効果的。『Runtastic』や『Nike+Run Club』などを取り入れてみて。

・ランニングウェア

汗を素早く吸収する「速乾性」のランニングウェアがおすすめ。長袖やアームカバーを取り入れると、日焼けの対策にもなります。最近は、カラフルでファッション性の高いランニングウェアも増えていますから、ウェアをおしゃれなもので揃えると走るのも楽しくなりますよ。

 

今日のまとめ

LSDトレーニングで脂肪燃焼!ランニングのダイエット効果とは
★★★
プロのアスリートも採用するLSDトレーニングは、コンディショニングに最適なトレーニング方法です。

全くの初心者から始めても、距離や時間を少しずつ伸ばしていけば大丈夫。続けることで、脂肪燃焼しやすい体へと変わってきます。

ゆっくりと走ることは、日々の生活で蓄積された疲労の回復にもなりますので、ハードな運動の合間に取り入れていただくのもおすすめ!

運動が苦手という人でも始めやすいランニング方法ですので、あまり身構えずに気軽な気持ちでトライしてみてくださいね。

1.LSDトレーニングとは?
2.LSDトレーニングのやり方
3.LSDトレーニングで期待できる効果
4.LSDトレーニングの注意点
5.LSDトレーニングにオススメのアプリとウェア

 

当サイトへのご訪問ありがとうございます。記事のご愛読に感謝します。