女性ホルモンのエストロゲンを増やす食べ物を使った料理レシピ

女性ホルモンのエストロゲンを増やす食べ物を使った料理レシピ
女性ホルモと男性ホルモンの違いっていったい何なのでしょうか。女性なら女性ホルモンを増やしたいのは当然ですよね。この女性ホルモンとは、エストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンのことを言います。この女性ホルモンの働きによって、 女性は精神のバランスや体調をコントロールしているといいても過言ではありません。

年齢と共に減っていく女性ホルモンですが、実は食べるだけで女性ホルモンの分泌を増やすことのできる食べ物があることを知っていますか?

そこで今回は、女性ホルモンのエストロゲンを増やす食べ物を使った簡単な料理レシピをまとめてみました。

女性ホルモンのエストロゲンを増やす食べ物を使った料理レシピ

 

女性ホルモン、エストロゲンの分泌を増やす食材は?


女性ホルモン、エストロゲンの分泌を増やす食材は?
30代になると女性ホルモンの分泌が減ってくると言われていますよね。
では、女性ホルモンって、そもそもどんな役割をしているのか正確に答えられますか?

女性ホルモンは、女性らしい丸みのある容姿にしてくれたり、妊娠や出産に大きく関わる大事なホルモンです。

皮膚や髪などの潤いを保つ役割も担っているので、肌がくすみ始めた、最近髪がパサついていると感じたら、女性ホルモン不足かもしれません。

その分泌は一ヶ月を通してだいぶ不安定なもので、ちょっとしたストレス、睡眠不足などによっても大きく左右されると言われています。

私は、生理の周期によって髪質が変わります。
生理が終わると、髪のクセが目立たなくなり、生理が近くなると髪がパサついたり広がったりするようになります。
肌荒れで生理が近くなるのを感じるという人もいるのではないでしょうか?

これは、女性ホルモンの、卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスによるものです。
卵胞ホルモンというのがエストロゲンと言われるもの。
これが優位の状態だと、お肌も髪も艶が出て美しくなり、気分も安定します。
一方、黄体ホルモン(プロゲステロン)が優位になると気分が憂鬱になり、髪や肌も調子が悪くなってきます。
この黄体ホルモンが増えるのは、ちょうど排卵があった後。
つまり、生理が近づくにつれてプロゲステロンが優位になっていくので、女性は色々と不調が出てくるということなのです。

では、この黄体ホルモンが優位になる時期に、卵胞ホルモンであるエストロゲンの分泌を促してくれる食材を摂ったらどうだろう?
もしかしたら、生理前の症状が少しは和らぐのではないか?

ということで、今日は、そんなエストロゲンを優位にするために、エストロゲンを分泌してくれる食材を使ったレシピや工夫をご紹介していきます。

 

キャベツたっぷり食べるにはキャベツ鍋!


キャベツたっぷり食べるにはキャベツ鍋!
エストロゲンを分泌してくれる食材って、大豆というイメージがありますよね。
実は、ボロンという成分もまたエストロゲンを分泌するのに役立つんだとか。

ボロンは、キャベツに多く含まれています。昔、女優さんがキャベツダイエットをしてキャベツをたくさん食べるようになって胸が大きくなった・・・なんて話をしていたのを思い出します。

やっぱり、キャベツってすごいのか?

ということで、今日はキャベツを使ったお鍋をご紹介します。

本当は、キャベツを生で食べるのがいいということなのですが、キャベツってどうしても生ではあまりたくさん食べられないですよね。

そこで、キャベツたっぷりのお鍋でいただいちゃおうということで、今日はキャベツ鍋を提案します。

キャベツに合う鍋つゆはやっぱり味噌ではないでしょうか?
キャベツって味噌との相性バツグンですよね。

私は、鍋つゆも手作りしちゃいます。

お湯に、中華だし、すりおろしたニンニク、砂糖、味噌、醤油、オイスターソースを入れ、微調整をしてください。

そこに、たっぷり半玉分のキャベツ、もやし、ニンジン、しめじを入れます。
お肉は豚肉がオススメ。

ニンニクが効いたスープで、たくさんのキャベツもぺろりと食べられちゃいますよ。
最後には豆乳を加えて、締めは中華めん!

美味しくって、女性ホルモンの分泌をアップしてくれる、最高のお鍋です。

 

牛乳の代わりに豆乳で女性ホルモン分泌


牛乳の代わりに豆乳で女性ホルモン分泌
牛乳って美味しいですよね。
でも、美容のことを考えるなら豆乳が一番です。

女性ホルモンを分泌してくれるイソフラボンが豊富で、やっぱり行きつく先は大豆!豆乳!と言った感じです。

コーヒーを飲むとき牛乳を入れている人、これからは豆乳を入れてみませんか?

私、実は豆乳が苦手であまり飲んだことはありませんでした。
しかし、おいしい豆乳っていうのが世の中にはあるのをご存知でしょうか。

国産大豆から作った、ちょっとお高めの豆乳を、一年ほど前に母親が知人からもらったそうです。
それを飲んだときの衝撃!

お、おいしい・・・。

今まで飲んでいた豆乳は何だったんだろうか。
そう思ってしまいました。

豆乳って、なんとなくクセがある感じがしますよね。
豆腐ともまたちょっと違った雰囲気で。

それに、私が苦手だったのは甘い豆乳だったのですが、なんとなく、豆腐に砂糖が入っていることに脳が混乱している感じだったんです。

豆腐に砂糖をかけて食べないのに、なんで豆乳は甘いんだ?って感じで、あまりしっくりきてなかったのかも。

しかし、私が飲んだお高い豆乳は、はちみつを入れて飲んでもおいしい・・・謎です。

何でもそうですが、お高いものは美味しい!ということなのかもしれません。

デパートで売っているような、お取り寄せするようなちょっとお高い豆乳をぜひ試してみてください。国産大豆のものだとより濃厚でおいしいですよね。

その豆乳を、最近我が家ではお取り寄せしていて、毎日のコーヒーに入れたり、贅沢にもポタージュスープを豆乳で作ったりしています。

この豆乳を飲むようになってから、肌がツヤツヤになって、生理前でも肌トラブルがなくなりました。本当に、豆乳はオススメですよ。

豆乳に、きな粉、はちみつを入れて混ぜた飲み物がシンプルですが一番おいしいです。

 

 

ダイエットにも?美容にも!納豆キャベツ


ダイエットにも?美容にも!納豆キャベツ
ちょっと食べすぎちゃったな~というときは、次の一週間この納豆キャベツを食べて過ごします。納豆の大豆イソフラボンと、キャベツのボロンが摂れる、まさに女性ホルモン大分泌祭!なメニューなんですね。

この納豆キャベツは、美魔女女優として有名な井川遥さんも食べているんです。体重を自在に操れるカメレオン俳優なんて異名を持つ鈴木亮平さんも、体重を落とすときにこの納豆キャベツを食べているそうですよ。

千切りにしたキャベツに納豆を入れます、納豆のつゆを入れておかか、刻みのりを入れるだけとシンプルながらも、これがかなりイケます。

ご飯の代わりに食べて、ダイエットになりますよ。

私は、デトックスの意味合いも込めて週に一回は納豆キャベツデーを作っています。ちょっとタバスコを入れたり、お酢を加えてみたり、酢玉ねぎを入れてみたり、アレンジして食べると結構飽きずに食べられます。

ダイエットをするとどうしても肌荒れ、髪がパサついたりしてしまいますが、この料理を食べていれば、その心配はなし。女性ホルモンがダダ漏れしてしまうかも?

 

キャベツのバリバリサラダで酵素もとれる


キャベツのバリバリサラダで酵素もとれる
キャベツは、生で食べる方がいいと言われていますが、なかなかたくさん食べられないですよね。
そこで、キャベツがたくさん食べられるタレをご紹介します。

≪うまうま塩だれ≫

・ごま油        大さじ1
・中華だし       小さじ1
・塩コショウ      適量
・にんにくのすりおろし 少々
・酢          少々
・すりごま       小さじ1

 

キャベツ1/4を手でちぎります。ちぎった方が味が染みやすいです。
塩だれをボールに入れて、キャベツを入れて混ぜ合わせます。
最後にすりごまを加えて出来上がり!

ビックリするほどおいしくて、バリバリ食べられちゃいますよ!
私はもみのりを加えたりしてアレンジしています。
ゆでた春雨を入れても美味しいですよ。
しばらく置いておくと馴染んでより味が染みて、食べやすくなります。

 

独女にオススメカット野菜で手軽に!


独女にオススメカット野菜で手軽に!
キャベツと大豆が一番のオススメですが、キャベツって結構切るのがめんどうな食材ですよね。
千切りもうまくいかないし・・・。

そこでオススメなのが、コンビニで買えるカット野菜です。
私は、よくコンビニに行くのですが千切りのキャベツを必ず買ってきます。
納豆キャベツを食べるときにも重宝しますし、サラダとしても簡単に食べられてオススメ。

袋に入っているので、カップに入ったサラダを買うより経済的なんです。
家で食べるんだからカップなんていりませんよね。
ゴミも減ってエコ!

家にあるトマトやパプリカ、ツナなどを加えて豪華なサラダにもなります。
コンビニにあるサラダチキンを乗せたら、それだけでメインディッシュになっちゃいます。
ダイエット中にも、女性ホルモンをたくさん分泌させたい人にもオススメのカット野菜、試してみてくださいね。

 

女性ホルモンについて興味があるなら、こちらの記事もおすすめですよ。
イソフラボン摂取に欠かせないレチノール!美を支える料理レシピ

 

今日のまとめ

女性ホルモンのエストロゲンを増やす食べ物を使った料理レシピ

いかがでしたか。女性ホルモンを分泌させるにはやっぱり大豆とキャベツがオススメ。
比較的手に入りやすく、安価な食材なので毎日少しずつでも取り入れたいですね。
私は意識してキャベツと大豆を食べるようになってから、綺麗になったと言われることが増えましたよ。
ぜひ、今年は女性らしい身体、美しい髪と肌を手に入れ、生理前にもイライラしない素敵な女性になってみませんか?

・ 女性ホルモン、エストロゲンの分泌を増やす食材は?
・ キャベツたっぷり食べるにはキャベツ鍋!
・ 牛乳の代わりに豆乳で女性ホルモン分泌
・ ダイエットにも?美容にも!納豆キャベツ
・ キャベツのバリバリサラダで酵素もとれる
・ 独女にオススメカット野菜で手軽に!

 

この記事を読んだあなたはホントにツイてる(^_-)-☆