きな粉の栄養素や効能!手軽においしくカラダに取り入れるレシピ

きな粉の栄養素や効能!手軽においしくカラダに取り入れるレシピ
きな粉って知ってますか。えー知ってるよーあのお餅にまぶして食べる・・・そうですよね。

では、きな粉にアンチエイジングや美容効果があることはご存知ですか。

えっ!あの一見地味そうな(きな粉さんごめんなさい)脇役感のある食材に、そんなパワフルな効果があるなんて。。。

じゃあもう一つ質問です。きな粉って、どうやって手に入れるのでしょうか。あなたの行きつけのスーパーのどの辺に置いてあるでしょうか。

あれ、そういえばこの前きな粉食べたのっていつのことだろう。。。

そんなもったいない毎日を過ごしているあなた。今回はきな粉を手軽に美味しくカラダに摂り入れるレシピ、効果的な摂りかた、それから栄養素や効能までお伝えします。

このページを最後まで読んで、今日から一味ちがうオンナを目指しましょう!

きな粉の栄養素や効能!手軽においしくカラダに取り入れるレシピ

 

効能1:きれいになれる


きれいになれる
なんといっても一番気になるのはこれ。
美肌、バストアップ、ダイエット、、、まさかそんな力がきな粉にあるなんて。
きな粉には、大豆イソフラボンが含まれていることは、最近では多くの方がご存知かと思います。大豆イソフラボンは女性ホルモンととても似た働きをするんですね。女性ホルモンのエストロゲンでバストアップや美肌効果が望めるのです。
それに大豆食品と一口に言っても、お豆腐、味噌、納豆、豆乳、ぱっ˙と思いつくだけでもこんなにたくさんありますが、この大豆食品の中でもきな粉の大豆イソフラボンの含有率が、かなり高いのです。

またきな粉は一般的な大豆製品に比べて、粉状になっているため手軽に摂取できてしまいます。
例えばあなたが実家暮らしでキッチンはお母さん任せだとしたら、お豆腐を冷蔵庫から出してまな板の上に置いて切る、、、というステップは、実はあまり経験する機会がありません。
でもきな粉だったら、いつものミルクにちょっと足すだけなので、何と言ってもお手軽ですよね。
このお手軽というのがとても大事で、ダイエット効果のある食品はたくさんありますが、その中でもずば抜けて、きな粉はお手軽。
もともと大豆のダイエット効果が高いのはよく知られている事実、その大豆の栄養素を手軽に頻繁に摂取出来るからこそ、ダイエット効果を強調したいのです。

それにもう一つ、きな粉には、不溶性の食物繊維が豊富に含まれています。
この不溶性の食物繊維、なんと水を吸収すると何倍にも膨れ上がるんです。
想像してみると良いですね、そう、お腹が膨れ上がるので満腹感が得られやすいのです。
満腹感を得る=食欲が抑えられますね。

もともとダイエットとは、運動しながら食事制限もするという、自分に甘い私には苦行以外の何物でもありません。。。
そんな私でも、満腹感の得られる食べ物なら、積極的に摂りながら続けて行けそうです。

 

効能2:便秘解消


便秘解消
お肌の調子や体調も左右してしまう、あなたのご機嫌な毎日を邪魔する慢性的な便秘。。。

きな粉は、食物繊維をたくさん含んでいます。実はこのきな粉、同じ食物繊維にも「水溶性」と「不溶性」があります。さっきもちょっと出てきましたね。この食物繊維の水溶性・不溶性、両方がバランス良く含まれています。

またオリゴ糖を含んでいるので、便秘解消にピッタリ。善玉菌であるビフィズス菌を増殖させてくれます。

 

効能3:むくみ解消


むくみ解消
なんだか今日の私、ちょっとブス。。。
ちょいブス?
そういう朝ってありますよね。

お化粧しても、髪がばっちりまとまっても、何か冴えないこの感じ。はぁ。

そんな時は、むくみを疑ってみてください。

例えば、とある企業が調査した脚のむくみに関するアンケートでは、むくみを日常的に感じていると答えた女性がなんと97%も。
このむくみ、少しでも軽減できたら見た目もいいけど、気分的にもテンション上がりそうですよね。

そんなむくみを軽減してくれる効果も、きな粉にはあるのだそうです。むくみの予防改善にはカリウムが大きな役割を果たします。カリウムは、血液の中の余分の水分を排出してくれます。適度に摂取することで、血圧も正常に保ち、血管を良い状態に維持することができるですって。

 

効能4:風邪予防


風邪予防
きな粉に含まれる重要な成分の一つにサポニンがあります。このサポニンは、ウィルスや最近からあなたの身を守ってくれるナチュラルキラー細胞を活発に働かせてくれます。
殺菌、抗菌作用があるんですね。

 

 

効能5:ガン予防


ガン予防
若々しくて綺麗な女優さん、著名なニュースキャスター、元気にテレビに登場していたあの人が、ある日突然病に冒されることもある、ガン。
原因がわかっていないことも多く、普段からどんなことに心がければ良いのか分からない不安がありますよね。
きな粉には、ガン予防効果もあるのです。

きな粉がもともと何から出来ているかご存知ですか。そういえば粉だけど何の粉だろう・・・。この特集を最初から読んでいる人にはもうおわかりでしょう、そう、大豆なんです。大豆を炒って粉にしたもので、大豆の栄養価をほとんどそのまま摂取することが出来ます。大豆には、たんぱく質に含まれている成分に、消化酵素の働きを邪魔するものがあります。これは加熱することでほとんど壊れてしまいますが、わずかに残った成分にガンや糖尿病を防ぐ効果があるのだとか!あまり長く加熱すると効果が無くなるそうなので、炒った程度でそのまま摂取できる状態になっているものは続けやすさとしてももってこいですね。

 

効能6:免疫力アップ


免疫力アップ
健康的な体づくりに欠かせない自己防衛システム「免疫力」。免疫力はもともと身体に備わっているものですが、さまざまな要因によって低下します。ここでは、免疫力を高める効果が期待できる食べ物や食材、その効果的な摂取方法について詳しくお伝えします。病気になりにくい健康的な体を維持するためには、免疫力が欠かせません。この「免疫力」を高めるため、毎日の食事をどう工夫すればよいのかご紹介します。

毎日の食生活に取り入れたい、免疫をアップする食材には、ヨーグルト、納豆、玉ねぎ、にんにく、バナナなどが挙げられます。
中でもヨーグルトやバナナは、きな粉とも相性が良さそうで、これらをうまくレシピに取り込むことで相乗効果も期待できそう。

善玉菌が豊富なことで有名なヨーグルト。免疫力を高めるためには、ぜひ積極的に摂りたいですよね。外から摂取した乳酸菌は、時間とともに体の外に排出されてしまいます。ということは、毎日とり続けることが大切ってことですね。これをきな粉と一緒にとるのがオススメなんです。きな粉には、オリゴ糖が含まれていますが、これはなんと乳酸菌のエサとなるもの。腸内の善玉菌がどんどん増加しそうですね。

 

効能7:レシピ


レシピ
こんなにいろんなメリットのある「きな粉」ですが、毎日摂るとなると意外にハードル高そう、、、。
やっぱり一番お手軽なのはきな粉ジュースです。

食べ物との組み合わせを工夫して、美味しく楽しみながら続けてしまいましょう。

牛乳やヨーグルトとの相性もよく、乳製品が苦手な人なら豆乳でもOK。
牛乳にきな粉を溶かし蜂蜜をプラスした特性ドリンクは、朝食や昼食、運動前後に1日3杯以上飲むのがおすすめです。飲むタイミングはいつでもOK。

ミルクコップ 1 杯の牛乳にきな粉を少量まぜて、はちみつやスティックシュガーをお好みで加えます。たとえば朝ですが、コーヒーやフレッシュなオレンジジュースで目を覚ましたいあなた、ちょっと待って!

カフェインを朝一番に摂るのはカフェインの効果を感じにくいタイミングなのだそう。それにオレンジジュースを摂ってから日に当たると肌が紫外線を吸収しやすくなるのだとか。

じゃあ何を飲めばいいの。。。そんなときに、きな粉ドリンクをオススメします。

基本な食材として「バナナ」「はちみつ」「ヨーグルト」を常備しておきましょう。私も何度も飲んでいますが、このあたりの食材はきな粉との相性が最高で、多少分量を間違っても美味しく飲める手軽さがあります。ズボラな私にピッタリ。。。もしお家に専用のミキサーがあれば、氷を一緒に入れて見るとひんやりして飲みやすいシェイク状のものが出来上がります。氷が砕けるものとそうでないものがあるから注意してくださいね。他にも青汁やココア、なんと黒酢とも相性がいいんですって。

 

今日のまとめ

きな粉の栄養素や効能!手軽においしくカラダに取り入れるレシピ

いかがでしたか。おそるべしきな粉パワー…!早速今から近くのスーパーにGO。きな粉ってたくさん使わないよね、、って人も大丈夫、最近は個別包装になっている少量パックも売ってます。一回分のパックを牛乳に入れて、甘みにはちみつ、、くらいだったら無理なく続けられそうですよね。
ココアにいれてまいにち飲むのもいいですね。夏なら黒酢や青汁に入れてさっぱりと。

さて最後に一つだけ、何事も「過ぎたるは及ばざるが如し」です。大豆がどんなに身体に良いからといって、過剰摂取は良くありません。あくまで、毎日の生活にきな粉を取り入れてみよう、という気軽な気持ちでスタートすること。これが長続きの秘訣です。どんなに効果的な健康法も、長続きしなければ効果は半減です。

このきな粉を取り入れる習慣が、あなたのビューティーアップ効果に一役買ってくれると嬉しいです。

・ きれいになれる
・ 便秘解消
・ むくみ解消
・ 風邪予防
・ ガン予防
・ 免疫力アップ
・ レシピ

 

この記事を読んだあなたはホントにツイてる(^_-)-☆