オスカー女優 フェリシティ・ジョーンズの出演映画 ローグワン 評判

オスカー女優 フェリシティ・ジョーンズの評判 映画 ローグワン
2017年12月16日公開のスター・ウォーズ ローグワンで主演するのはイギリスの女優フェリシティ・ジョーンズさんです。といってもまだ名前と顔が一致しない人も少なくないことでしょう。アカデミー賞の主演女優賞にノミネートされるほどの実力派、世界中がいま大注目する女優です。

May the Force be with us
フォースと共にあらんことを!(このセリフを言ってるシーンはめっちゃカッコいいです。)

黒髪で身長もさほど高くないところから親近感もあり、可愛いいファッションで日本中にフェリシティ・ジョーンズファンが急増しています。

そこで今回は、フェリシティ・ジョーンズさんの生い立ちやこれまで出演した映画などを中心に彼女のプロフィールをまとめてみました。

この記事を読んだらきっとローグワンを観に行きたくなること間違いございません。早速フェリシティ・ジョーンズさんのプロフィールを見ていきましょう。

オスカー女優 フェリシティ・ジョーンズの出演映画 ローグワン 評判

 

なぜ世界がフェリシティ・ジョーンズに注目するのか?


なぜ世界がフェリシティ・ジョーンズに注目するのか?
フェリシティ・ジョーンズの代表作といえば『博士と彼女のセオリー(日本公開2015年)』というのが一般的な答えになるでしょう。あのホーキング博士の妻ジェーン・ホーキングを演じて、アカデミー賞の主演女優賞にノミネートされ一躍世界の注目を集めたのはまだ記憶に新しいところ。

バーミンガムのボーンビルで生まれ育ち、3歳のときに両親が離婚し、兄とともに母親に引き取られたそうです。

彼女はなんと12歳の時にアメリカのテレビ映画『The Treasure Seekers』でデビューし、その後、『ミルドレッドの魔女学校』というドラマで、子役時代のキーラ・ナイトレイとも共演していたようです。スゴいエピソードですよね。

2008年にはイギリスのSFドラマ『ドクター・フー(シーズン4)』にも出演しています。

テレビだけではなくて、1999年から2009年の間、なんとラジオドラマ『The Archers』にもエマ役で出演しているのです。

女優業だけじゃないよ、モデルとしても活躍しているんです。ドルチェ&ガッバーナやバーバリーなどのファッションショーに参加していたというから驚きですよね。

そりゃそうですよね、身長160㎝でこのナイスボディをファッション界が放っておく訳ありませんから。
身長160㎝でこのナイスボディをファッション界が放っておく訳ありませんから

フェリシティ・ジョーンズが女優として目覚めたのは、シェークスピアの戯曲が原作の映画『テンペスト』に出演した時からだそうです。この作品で親子役で共演したイギリスの大女優ヘレン・ミレンの演技力に強く感銘を受けたようです。


テンペスト [DVD]

意外と知られていないのが、『アメージング・スパイダーマン2』にフェリシア・ハーディー役で出演していること。登場シーンが少なかったのですが、この役は原作でブラック・キャットに変身する重要なキャラクターなので、次作『アメージング・スパイダーマン3』で彼女の活躍シーンが増えるのではないだろうか、巷では噂されています。


アメイジング・スパイダーマン2TM [DVD]

そうそう、学業のほうも素晴らしく、なんとイギリスの名門オックスフォード大学を2006年に卒業しているのです。才色兼備とは彼女のことですね。

イギリスの名門オックスフォード大学

 

フェリシティ・ジョーンズが取り組んでいるメソッド演技とは


フェリシティ・ジョーンズが取り組んでいるメソッド演技とは
聞いたことのない言葉だったので調べてみました。

アメリカの演出家・演技指導者のリー・ストラスバーグが役者の訓練のために考案した演技法。1947年にグループ・シアターのメンバーたちが創設したアクターズ・スタジオで使用された。

ロシアの演出家コンスタンチン・スタニスラフスキーによって提唱されたスタニスラフスキー・システムの原則と方式に基づいており、パントマイム風の誇張的な身振りの模倣から自由になって、リアリスティックな「真実」の表現を舞台上で行なうことが目指された。

その目標に向けて役者が行なうべきは、自分が実生活で感じている「五感の記憶」や実生活で過去に感じた「感情の記憶」を役柄に適用し、舞台の上で正しく働かせることであった。

そのために役者は、素の表情を人に見せてはならず、「第四の壁」を想像によってこしらえることで自身の役柄が目下行なっていることへ意識を集中させるよう、訓練が行なわれた。
また、ストラスバークは、もし役者がこの状況で自分の演ずる人物だったらどうふるまうかというスタニスラフスキーの訓練法だけでなく、それを演ずるために役者自身が何をなすべきかをメタ的に問うスタニスラフスキーの弟子エヴゲーニ・ワフタンゴフの方法論も取り入れた。

アクターズ・スタジオで訓練を受けた俳優はしばしばメソッド派と呼ばれ、マーロン・ブランド、ジェームス・ディーン、マリリン・モンロー、ジェーン・フォンダ、ダスティン・ホフマンなど、20世紀のアメリカを代表する俳優たちが学んだことで知られている。

 

フェリシティ・ジョーンズが出演している主な映画


フェリシティ・ジョーンズが出演している主な映画
2011年 『今日、キミに会えたら』 アンナ役で出演。


今日、キミに会えたら [DVD]

サンダンス映画祭審査員特別賞(ドラマ部門)
ゴッサム・インディペンデント映画賞ブレイクスルー俳優賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞ブレイクスルー演技賞
エンパイア賞新人女優賞

 

2014年 博士と彼女のセオリー ジェーン・ワイルド・ホーキング役


博士と彼女のセオリー [DVD]

第87回アカデミー賞・主演女優賞ノミネート
第13回ワシントンD.C.映画批評家協会賞・主演女優賞ノミネート
第12回アイオワ映画批評家協会賞・主演女優賞 第2位
第72回ゴールデングローブ賞・女優賞(ドラマ部門)ノミネート

 

2015年 『トゥルー・ストーリー』 ジル役


トゥルー・ストーリー (字幕版)

 

2016年 『アウトバーン』 ジュリエット役


アウトバーン(字幕版)

 

2016年 『インフェルノ』 シエナ・ブルックス役

 

2016年 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』 ジン・アーソ役

2016年 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』 ジン・アーソ役

 

 

ファッションで日本人を魅了するフェリシティ・ジョーンズ


ファッションで日本人を魅了するフェリシティ・ジョーンズ
黒髪がとっても似合うフェリシティ・ジョーンズはガーリーでシンプルなファッションが多く、日本人にも真似しやすいのが特徴。

しかも身長が約160cmなので体型にも親近感が湧きますよね。
そしてラフな髪型も可愛くて真似しやすい。

 

ローグワンではどんな役?


ローグワンではどんな役?
生まれも環境も違うワケありの面々が極秘チーム<ローグ・ワン>を結成し、帝国軍の究極兵器<デス・スター>の設計図を奪取するミッションに挑む!というのがローグワンのストーリー。

シリーズの原点である『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の直前に繰り広げられた冒険にスポットをあてる、いわば“もうひとつのスター・ウォーズ”だというね。

主演のフェリシティ/ジョーンズは、孤独な幼少期を過ごした“銀河のアウトロー・ガール”ジン・アーソを体当たりで演じています。

「性格は無謀で攻撃的。厳しい現実を生き抜くために、犯罪にも走った。でも、ジンというキャラクターがすばらしいのは、最初から周りの男たちと同等に扱われているという点だと思うわ。よく、あるでしょ? 『女の子なのに、男勝りですごいね』みたいに戦うヒロインを特別視すること(笑)。もちろん、演じる上での苦労はあった。アクションをこなすために、肉体的な準備も必要だったけど、大切なのは仕事に対し、献身的であることだもの」。

⇒ スターウォーズシリーズを観るなら抑えておきたい登場人物

 

フェリシティ・ジョーンズ  「ローグワン」 来日記者会見


フェリシティ・ジョーンズ

「役者として私の夢でした。女性らしいキャラクターで嬉しかったです。」

 

今日のまとめ

注目のオスカー女優 フェリシティ・ジョーンズ 出演映画 ローグワン 評判

いかがでしたか。早速、ローグワンを観に行ってみたくなったことでしょ。

これからのフェリシティ・ジョーンズ、見逃さないようにしましょうね。きっと、大女優になること間違いありませんから。

・ なぜ世界がフェリシティ・ジョーンズに注目するのか?その理由とは
・ フェリシティ・ジョーンズが取り組んでいるメソッド演技とは
・ フェリシティ・ジョーンズが出演している主な映画
・ ファッションで日本人を魅了するフェリシティ・ジョーンズ
・ ローグワンではどんな役?
・ フェリシティ・ジョーンズ 「ローグワン」記者会見

 

私はこの映画館でスターウォーズを観ました(^_-)-☆
スターウォーズが観たい!体感型のユナイテッドシネマが人気

あなたはツイてる(^_-)-☆