18時以降食べないダイエット!食事制限しないで痩せる方法

18時以降食べないダイエット!食事制限しないで痩せる方法
週に3回のペースで筋トレをしているのに痩せない。18時以降食べないダイエットで食事制限もしているのにまったく痩せない。どうして?

もしかすると、それは仕事で帰りが遅くなってしまい、18時以降食べないルールを破っているからではないでしょうか。18時以降食べないダイエットを心いているにもかかわらず、夜遅くに食事をすると、消化されないままに睡眠を取ってしまうので肥満のもとになりかねません。

そこで今回は、食事制限無し、運動なしで痩せたい方のために18時以降食べないダイエットのコツを5つまとめてみました。

もちろん、朝食と昼食は普通に食べても大丈夫ですよ。ご安心ください、単なる食事制限ではありませんから。

18時以降食べないダイエット!食事制限しないで痩せる方法

 

ある一定の食事間隔が痩せるコツ


食生活のリズムが乱れると、食事と食事の間にお腹が空きすぎて夕食が早くなり結局夜中食べ物に手が伸びてしまったり、逆に空腹を感じなくて夕食の時間を遅らせてしまったりと18時以降食べないダイエットの根幹が揺らいでしまいます。

規則正しく三食食べるためには、5~6時間の食間を保つことが大切です。朝7時に朝食を食べ、昼12時に昼食を食べ、夜6時に夕食を摂るのが18時以降食べないダイエットの理想サイクルといえます。

食事内容の制限はありませんが、18時に夕食を食べられる状態にするため一日の食事時間をコントロールする必要があります。

 

夕食の時間と寝る時間を決める


どんなに早く夕食を食べても、すぐに寝てしまうのでは意味がありません。食べたものをそのまま脂肪として溜め込んでしまうだけでなく、翌朝の胃もたれにもつながり朝食が食べられなくなるかもしれません。

または、早く寝すぎると夜中に目が覚めて空腹を感じ、そのまま眠れなくなってしまう恐れもあります。食事から就寝時間までは良い睡眠をとるために過ごし、少なくとも3~4時間空けましょう。

ただ、空けすぎるのも問題です。空腹感がピークの中、眠りにつくのは苦しいものです。空腹を感じる前に眠るように就寝時間を決めてみましょう。

 

食事そのものを楽しむ


18時以降食べないダイエットに慣れるまでは夕食の時間が慌ただしくなるかもしれませんが、食事中はゆっくりと楽しむようにしましょう。

18時を過ぎてしまいそうだからといって、パソコンに向かいながら急いで食べ物を口に詰め込んだり、ちらちらと時計を気にしながらの食事は楽しくありませんよね。理想は30分くらいかけてゆっくりと、何を食べているのか、どんな食材が使われているか、どんな味かを感じながら食事するようにしましょう。ながら食いや早食いでは食事そのものが楽しめていませんよね。

さらに、ゆっくり味わうだけで満腹感が強くなるので、食後に時間がたっても空腹を感じにくくなります。夜中に夜食に手が伸びないようにゆっくり食べること、ぜひ気を付けてください!

 

 

満足感のあるものを食べる


時間ばかりを気にすると、夕方の食事準備が忙しくなるのでインスタント食品やコンビニのおにぎりに頼る生活になる可能性があります。いくら痩せるためでも、塩分や添加物の多い食品ばかりを食べていては美容・健康に悪影響をもたらします。

また、蒟蒻やもやし、海藻など低カロリーなものばかりを食べ続けるのも問題があります。毎日同じような味付けの同じようなものを食べていると、食事に楽しみがなくなって危険です。ダイエットは三日坊主にならないことが、何より難しくて何より重要。毎日の食事に対して満足感が得られなくなってしまうと、ドカ食いの欲求が高まったり、夜中の空腹に耐えられなくなってしまいます。

今回の18時以降食べないダイエットは、食事内容に制限はありません。

食べて良い時間には、食べたいと思うものを食べてください。視覚でも味覚でも心から満足感を感じる美味しい食事を心がけて、心身共に健康的にダイエットしましょう!

夕方の食事準備が難しければ、休日にまとめておかずを作ったりご飯を炊いて冷凍しておくなど、すぐに食べられる工夫をしてみてくださいね。

 

夕食後に軽い運動をする


脂肪を溜め込む性質を持つBMAL1と言うタンパク質の存在をご存知ですか?

人間の体には、昼間は活発に動き、日没後は休息準備に入るという自然のリズムを刻む体内時計があります。この体内時計を動かしているのは時計遺伝子という体内タンパク質なのですが、その中でもBMAL1が18時以降食べないダイエットに大きく関係しています。BMAL1の活動は16時以降から深夜2時ころまで右肩上がりに盛んになっていくので、夕食後にゴロゴロ過ごしてしまうと脂肪は溜まる一方です。

さらに、食事を摂ることによって一度急激に上がった血糖値は、そこから急降下する時に体の脂肪になります。18時に食事をすると血糖値が下がるのはBMAL1の活動時間にしっかり当てはまります。ダブル効果で脂肪を溜め込みやすくしてしまっているんです。でも、夕食を16時前に済ませるなんて無理な話ですよね。

そこで18時に夕食を済ませた後、30分以内に軽い運動を行うようにしましょう。運動により血糖値が急上昇しなくなり、急降下する必要がなくなるので脂肪を溜め込む働きを抑えることができるのです。

少し難しい話になってしまいましたが、つまりは人間の体は夜に脂肪を溜め込むようにできているので夕食後だけでも体を動かすようにしましょう!ということ。覚えておいてくださいね。

 

今日のまとめ

18時以降食べないダイエット!食事制限しないで痩せる方法

いかがでしたか。18時以降食べないダイエット、これさえ守ればきっと効果は期待以上ですよ。

・ ある一定の食事間隔が痩せるコツ
・ 夕食の時間と寝る時間を決める
・ 食事そのものを楽しむ
・ 満足感のあるものを食べる
・ 夕食後に軽い運動をする

 

あなたはツイてる(^_-)-☆