酵素が足りないから?アラサーの疲れた身体と心を回復させる方法

酵素が足りないから?アラサーの疲れた身体と心を回復させる方法
なんとなく調子が出ない……そんなときは誰にでもあるもの。
ただそれが、気分がどこか浮かないとか、しっかり集中できないだけなら時間が解決してくれるのを待ってもいいけれど、仕事に支障が出るほどであれば悠長なことは言っていられません。

イライラが抑えられずに職場で八つ当たりしてしまったり、つまらないミスをしてしまったりということになると、自己嫌悪からますます調子を落としてしまう場合も。

また、眠れずに睡眠不足に陥ったり、代謝が悪くなって便秘したりしては、本格的に体調を崩してしまう心配さえあるでしょう。

なんとなく調子が出ない、実はそれは身体が発するSOS。軽く考えずにしっかりと受け止め、真剣に対策することが大切です。

もしかしたら、そんなときは身体に酵素が足りていないのかもしれません。

酵素が足りないから?アラサーの疲れた身体と心を回復させる方法

 

酵素って何?


酵素って何?
人間には酵素が必要……そんな言葉を聞いたことがある人もいると思います。しかし、そもそも酵素とはなんなのでしょうか。

酵素とは、食べ物を消化・吸収したり、代謝を促したりする働きをもつもの。つまり、私たち人間にとって酵素は必要不可欠なものなのです。少なくとも、酵素なくして健康な身体は成り立たないといえるでしょう。

 

酵素には外部酵素と内部酵素の二種類がある


酵素には外部酵素と内部酵素の二種類がある
酵素には、体内で作り出される内部酵素(潜在酵素)と、食品から取り入れる外部酵素の二種類があります。それぞれの酵素がもつ役割は異なりますが、どれも人体にとって欠かせないものであることに変わりはありません。

内部酵素

・代謝酵素……新陳代謝や自然治癒力を司り、生命維持に重要な役割を果たす。
・消化酵素……摂取した食品の消化・吸収を促す。

 

外部酵素

・食物酵素……その食物を消化する力を生み出す。

 

酵素が不足するとどうなるの?


酵素が不足するとどうなるの?
これだけ重要な役割を担っている酵素ですから、不足すると、当然いろいろな影響が出てきます。
代表的な症状としては、以下のものが挙げられます。

・身体の疲れ、だるさ、冷え
・肩こり、腰痛、首の痛み
・頭痛
・胃痛、胃もたれ
・下痢、便秘
・じんましん
・眠れない
・夜中に目が覚める
・起きられない
・肌のくすみ、肌荒れ
・目の充血やクマ
・しみ、そばかす
・めまい、耳鳴り
・動悸、息切れ
・倦怠感、イライラ

 

内部酵素もさまざまな原因で減少する


内部酵素もさまざまな原因で減少する
内部酵素が体内で作られるからといって、意識しなければいけないのが外部酵素だけだというわけではありません。
なぜなら、代謝酵素や消化酵素といった内部酵素も、さまざまな原因で減少してしまうからです。

食事

酵素は、私たちの身体を健康に保つための働きをします。
ですから、栄養の偏りや、添加物の多い食品を摂りすぎると、その毒素を分解するために多くの酵素が消費され、結果的に不足してしまうのです。
アルコールや喫煙も同様の理由により、酵素不足の原因となります。

 

睡眠不足

酵素も細胞と同じように、睡眠中に作られるもの。
そのため睡眠時間が不十分だと、酵素も必要なぶんだけ作られずに不足してしまうのです。

 

ストレス

酵素が働くのは、外部要因によるものだけではありません。
内部、すなわち精神的な問題でも、健康を保つために酵素が使われるのです。そのため、ストレスをためたり、落ち込んでばかりいては、酵素も不足してしまうでしょう。

 

加齢

酵素を生み出す力は、加齢とともに弱まっていきます。

 

消化酵素と代謝酵素はシーソーのような関係


消化酵素と代謝酵素はシーソーのような関係
内部酵素である消化酵素と代謝酵素は、まるでシーソーのようにバランスが保たれています。

つまり、消化酵素を使いすぎると、そのぶん代謝に回る酵素が少なくなりますし、逆もしかりです。
ですから、そのときの自身にとってより必要なのはどちらなのかを考え、もう片方をなるべく節約するようにしましょう。

たとえば、ダイエット中であればより代謝が進むように消化酵素の使用を控える等。
とはいえ、もちろん、全体的な酵素量が増えれば、そのぶんどちらかを節約する必要性も少なくなります。

 

 

酵素パワーで疲れた心と身体を回復しましょう!


酵素パワーで疲れた心と身体を回復しましょう!
心身の健康のために酵素が必要なことはじゅうぶん理解できたはず。では、酵素を補うためにはどうすればいいのでしょうか。

酵素が減少、不足してしまう原因があるのなら、その逆に増やす方法もあるものですから安心してくださいね。

 

食事に気をつける


食事に気をつける
酵素には外部酵素と内部酵素があることは既に述べました。そのうち、私たちの健康のためにより必要なのは、内部酵素といわれる代謝酵素と消化酵素です。
つまり、酵素を増やすためには、酵素を多く含む食品を摂ることはもちろんですが、酵素を生み出せる身体を作り出す栄養を摂る、環境を整えるというのもとても大切なのです。

そのために、食事で気をつけたいことは、まず、バランスの摂れた食事をすること。
毒素を分解する(酵素を多く使ってしまう)ジャンクフードやインスタント、添加物を避け、酵素を多く含む生野菜や発酵食品を多く摂りましょう。

また、胃腸に負担がかかる早食いや、暴飲暴食も酵素を多く使うことにつながりますので、腹八分目を心がけ、しっかりと噛んで食事をするようにしてください。
食事時間をきちんと定め、夜遅くに食べないことも大切ですよ。

 

早寝早起きを心がける


早寝早起きを心がける
酵素は眠っている間に生成されるのですから、睡眠不足はもってのほか。睡眠時間はきちんと確保しなくてはなりません。

また、新陳代謝が最も活発になるのはPM20:00~AM4:00だと言われています。

この時間には、可能な限り代謝酵素を使いたいもの。すなわち、胃腸を休ませ、消化酵素をなるべく使わずに済ませるためにも、できるだけ早く休むようにしましょう。

 

適度に運動する


適度に運動する
へとへとに疲れてしまっては、酵素は体力の回復のために使われ、減ってしまいます。ですが、適度な運動は代謝酵素を活性化させるのに有効。

駅まで歩く、階段を使うなど、ちょっとしたことで構いません。生活の中で身体を動かす機会を増やしましょう。

 

身体を温めるようにする


身体を温めるようにする
体温が一度下がると、酵素の持つ力が半分以下になってしまうといわれています。
そのため、普段から冷えには気を配るようにしましょう。
シャワーで済ませずにしっかりと湯船に浸かったり、ひざ掛けを常用したり、腹巻したり。もちろん、ストレッチや筋トレによって身体を温めるのも効果的です。

 

ストレスを溜めないようにする


ストレスを溜めないようにする
ストレスが溜まると、酵素は精神の安定を保とうとして多く消費されます。
それだけでなく、実は、体内のセロトニンも酵素により作られているのです。

セロトニンとは、精神を穏やかに保つために必要な物質。このセロトニンが減少するとうつ病になることがわかっているほど、心の面で重要なものなのです。
セロトニンを必要十分量生み出すためにも、ぜひ、酵素を減らさずにいたいものですね。

とはいえ、ストレスをまったく溜めずに生活するのは難しいもの。
ですからまずは、食事や運動で酵素を補い、あとは、自分に合ったストレス解消法を見つけるようにするといいでしょう。
カラオケや好物を食べる、景色のいいところを散歩するなど、ちょっとしたことでもじゅうぶん気分転換になりますよ。

 

今日のまとめ

酵素が足りないから?アラサーの疲れた身体と心を回復させる方法

最近疲れている、イライラする、という自覚があっても、「これは寝不足によるものだから、眠ればなおる」等、自己完結してしまいやすいもの。

たしかに、そのときどきの直接的な原因はそうかもしれません。

ですが、そもそも酵素が足りていれば、その疲れやイライラそのものが起こっていないかもしれないのです。

この機会に、ぜひ意識して酵素を増やす生活を始めてみませんか。

そうすればきっと、素早い体力の回復も、理想通りのダイエットも、便秘解消も、イライラからの解放も夢ではないでしょう。

・ 酵素って何?
・ 酵素には外部酵素と内部酵素の二種類がある
・ 酵素が不足するとどうなるの?
・ 内部酵素もさまざまな原因で減少する
・ 消化酵素と代謝酵素はシーソーのような関係
・ 酵素パワーで疲れた心と身体を回復しましょう!
・ 食事に気をつける
・ 早寝早起きを心がける
・ 適度に運動する
・ 身体を温めるようにする
・ ストレスを溜めないようにする

 

この記事を読んだあなたはホントにツイてる(^_-)-☆