ビオチンのスゴい美容効果!卵料理を食べて美しくなる方法

ビオチンのスゴい美容効果!卵料理を食べて美しくなる方法
卵はスゴいよね。だって、ほとんどの肌トラブルに効果的な食べ物だから。

実は卵黄に含まれるビオチンという成分にとても美肌効果があります。このビオチンが皮膚の炎症を抑えてくれたり、コラーゲンの生成にも関わっており、皮膚が再生する力を高めたりもしてくれるのです。アトピーの改善にも効果があります。

さらに、髪に必要な栄養を与えて髪の発育を促したり、強い髪を育毛して抜け毛を減少させるといった、毛髪に関する悩みも解消してくれます。もしかしてハゲが治る?なんてことも期待しちゃいますよね。

そこで今回は意外と知られていないビオチンの美肌効果についてまとめてみました。これを機会に卵料理を極めて、もっと美しくなっていきましょう。

ビオチンのスゴい美容効果!卵料理を食べて美しくなる方法

 

卵は身体にいい!でも生卵はNGなんです


卵と聞くとあなたは何をイメージしますか?
「食べると太りそう…。」
「コレステロールの塊?」
「ダイエットの敵」

そんなイメージがありませんか?
実は、卵は昔から万能食材と言われています。昔は、高くて買えなかったので貴重だったんですね。

今では、一パック大体100円くらいで買えるようになり、身近な食材になりましたが、それゆえに、食べ過ぎてしまう人も多いですよね。どんな食材でもそうですが、食べ過ぎることはよくありません。ほどほどに取り入れることで、効果が最大限に発揮されるのです。

卵黄に含まれるビオチンという成分がとても美肌効果があると言われて、最近注目されています。

ビオチンとは、皮膚炎を治すビタミンとして発見されたビタミンで、ビタミンHと呼ばれていました。
今は、ビタミンB群に属しビタミンB7と言われているようです。
人間の体内にあるビオチンの大半は、腸内細菌によって作られています。ですので腸内環境が整っている人ならビオチン不足になるということはありません。

しかし、ストレスのたまりやすい環境にいたり、風邪をひいて抗生物質を長く飲んだあとなど、腸内環境が荒れているような人は、ビオチン不足になることがあります。

ビオチンが不足すると、どんなことが起こるかというと、

・肌荒れ

・お腹の調子が悪い・便秘など

・白髪が増える

・原因不明の皮膚のかゆみ

・アトピー性皮膚炎

などの症状が出ることがあります。意識していなくても、「最近ちょっと肌の調子が悪い」とか、肌荒れしているな~と思ったらビオチンが不足しているのかもしれません。

卵にはビオチンが含まれているのですが、生で食べることはおすすめできません。TKGなんて言われて親しまれている、卵かけご飯。
私も大好きで、週に数回は卵かけご飯を食べていたのですが、生で食べてしまっては意味がないどころか、実はビオチン不足に陥ってしまうかもしれないという話を聞いて、今は加熱して食べるようにしています。

なぜ、生ではいけないのか?というと。白身に含まれる、アビジンという物質が、腸内でビオチンと結合してしまいます。アビジンは水に溶けないので、腸管から吸収されずにせっかくのビオチンも体外に排出されてしまうというわけです。

黄身は完璧に加熱しなくても大丈夫ですが、白身は加熱して食べたほうがビオチン摂取の点から言ってもいいですね。

 

美容点滴に使われている?美肌に最強です


美容点滴
ビオチンは、美容にうるさい女性のあいだでとても話題の成分です。それはなんといっても、美容点滴にも入っている成分だからです。

美容点滴とは血流をよくして、老廃物を外に出したり、肌の再生力を高めたりする効果があるとしてセレブを始め、美容に興味を持つ女性たちから絶大な人気を誇る美容法です。

一回、4,000円から5,000円くらいですね。私もやったことがありますが、次の日のお肌が全然違います。しかし、定期的にやらなければ意味がなく、コスト的にもちょっと・・・といった感じですよね。

ビオチンを食材で取る方法なら、そこまでお金はかからないし、なんといっても毎日継続して摂ることができるのでお肌にもいい、というわけですね。

 

冬でも、乾燥知らずの美髪になれる


最近、急に白髪が増えてきた…。ちょっと抜け毛が気になる…。そんな女性にもビオチンは助け舟を出してくれます。
ビオチン不足が白髪の原因ではないかという人もいるんですよね。それくらい、ビオチンは肌だけじゃなく髪にも効果的ということです。

なぜ、ビオチンが育毛や美髪に効果があるのか?というと。毛細血管を拡張し、血行を促進してくれるから。そして、頭皮に十分な栄養が行き渡るようになるので、育毛、抜け毛の予防、そして白髪の予防にも効果が期待できるというわけです。

最近、髪にボリュームや艶がなくなってきたかな?という人にもオススメです。

 

ツライ…アトピー性皮膚炎にも効果があります


アトピー性皮膚炎は本当にツライですよね。黄色ブドウ球菌が原因だとか、油が原因だとか色々と言われてはいますが、未だに謎が多い皮膚の疾患です。

かゆみを伴う症状は辛く、女性は特になってしまうと悲しいですよね。そんなアトピーの症状を和らげてくれると注目されているのがビオチンです。

皮膚科でも、「ビオチン療法」というのを行っているところがあります。
それによると、ビオチンを1日5mgずつ、3ヶ月ほど飲み続けて、変化があるかどうかを見て判断するというもの。
これによって、症状が改善されればその人は、ビオチン不足だということがわかります。

ビオチンが不足していることが原因でアトピーになるということなら、ビオチンを多く含む食材を摂ることで改善されるかもしれませんよね。

どうしてもアトピーがひどいという人は、一度ビオチン療法を試してみるといいですよ。

 

 

二枚爪でお悩みの方。ビオチンで爪がきれいに、健康になる


爪が弱い、すぐ二枚爪になってしまうという人にもビオチンはオススメです。私は、もともと爪が弱くすぐ二枚爪になってしまいます。
自爪でネイルをしていると、ちょっとぶつかっただけで爪の先の部分が折れてしまったり。そんな経験ありませんか?

もしかしたら、ビオチン不足になりかけているのかもしれません。

ビオチンは皮膚、髪に効果があります。ということは爪にも効果があるんですよね。皮膚や髪の毛、爪などケラチンを作る際に必要になるコラーゲンを作られやすくする効果がビオチンにはあります。

つまり、身体中が綺麗になってしまうということなんですね。綺麗になりたい欲張りさんにはピッタリです。

 

ビオチンはサプリメントでも取ることができます


本来なら食材から摂ることが好ましいですが、カロリーが気になるダイエット中の方はサプリメントで摂ることもできます。

特に、アメリカ製のビオチンのサプリメントは充実しています。今日本でもネットなどで買うことができますので、気軽に試せそうですね。

ビオチンのサプリメントを摂る際、一緒に摂ったほうがいいのがビタミンCです。
ビタミンCはコラーゲンの生成を促してくれますので、一緒に摂ることでより美肌になる効果が高まるということですね。

海外のサプリはちょっと怖いと思うかもしれませんが、アメリカは日本よりもサプリメントに力を入れているので、そこまで怖がる必要はありません。
口コミなどもチェックして、安心できるものを選んでみてくださいね。

バリュー3本セット/ビオチン 5000mcg 120粒 [海外直送品]

 

卵以外にビオチンが含まれる食材は?


アーモンド
毎日手軽に摂れてビオチンが含まれる食材は卵ですが、ほかにもビオチンが含まれる食材はいろいろあります。

・インスタントコーヒー

・アーモンド、くるみ、ピーナッツなどのナッツ類

・大豆、納豆

・鳥レバー

・アボカド

などです。卵が苦手、という人はこういう食材でも代用可能です。

 

今日のまとめ

ビオチンのスゴい美容効果!卵料理を食べて美しくなる方法

いかがでしたか。卵に含まれるビオチンの効果について色々と見てきました。私も、ビオチンについては最近知ったのですが、綺麗になるために積極的に撮りたいビタミンの一つですね。

サプリメントの量が日に日に多くなってしまうのがツライので、できるだけ食材で摂るようにしたいものです。卵は手軽に摂れる食材ですし、料理方法もいろいろあるので、毎日飽きずに続けて食べることができそう。

ぜひ、あなたもビオチンを補給して、美しい肌、美しい髪、美しい爪を手に入れましょう。

・ 卵は身体にいい!でも生卵はNGなんです
・ 美容点滴に使われている?美肌に最強です
・ 冬でも、乾燥知らずの美髪になれる
・ ツライ…アトピー性皮膚炎にも効果があります
・ 二枚爪でお悩みの方。ビオチンで爪がきれいに、健康になる
・ ビオチンはサプリメントでも取ることができます
・ 卵以外にビオチンが含まれる食材は?

 

あなたはツイてる(^_-)-☆