キャンドルの灯でアロマ入浴!半身浴で自律神経を整える方法

寝る前の半身浴で自律神経を整える!アロマ入浴にはキャンドルの灯がいいね
最近、ぐっすり眠れていますか?パソコンを使用することも多く、常にスマホと隣り合わせの生活で、あなたの眼は疲れ切っているはず。交感神経が常に優位で、興奮状態にあるために眠りも浅くて疲れが取れない・・・なんてこともありますよね。

アラサーになると分泌される女性ホルモンも減り、体のバランスがとりづらくなってきますよね。しかし、そんなアラサー女子の皆さんにもおすすめのリラックス方法があるんです。

それはずばり「アロマ入浴」!・・・アロマなんて、おしゃれな人が趣味にするものでしょ?なんて思った方、そうではありません。アロマは皆さんが思っているよりもとっても身近なものなんですよ!

体の症状にあわせて、ラベンダーやカモミールなどの香りをディフューザーを使って、 バスルームの中に拡散しながら半身浴すると効果があります。その他にも・・・

そこで今回は、簡単にできるアロマ入浴の方法と、アロマ入浴を効果的にするコツをお伝えします。

キャンドルの灯でアロマ入浴!半身浴で自律神経を整える方法

 

お風呂に入るのは寝る1時間くらい前がいい


帰宅してすぐにお風呂に入っている人が多いでしょうか?夏なんかは特に、帰ったらすぐにシャワーを浴びたいですよね。しかし、リラックス効果を得られるのは「寝る前」の入浴なんですよ。お風呂からあがって30分~1時間後に就寝するようにすると、ぐっすり眠ることができます。

お風呂に入ると体が温まり、体温が上昇しますよね。それが30分~1時間かけて少しずつ下がります。その体温の降下が心地よい深い眠りへと誘ってくれるのです。

 

お湯はぬるめの40℃がいい


普段の入浴はどれくらいの温度のお湯に浸かっていますか?シャワーだけ・・なんていう女性はいませんよね。入浴は美容と健康に密接に関わります。決してないがしろにしてはいけません。お湯は少しぬるめを意識し、38~40℃くらいに設定します。ぬるいお湯で入浴すれば、副交感神経を優位にするため、体の回復を促進する効果があるのです。

逆に熱いお湯に入ると、交感神経が活発になってしまうので、お湯の温度には気を配りましょう。つかっていて気持ちいいと思えるくらいの温度のお湯にゆったりとつかるのが効果的です。

 

無理な長風呂はNG!


「お風呂にはゆったりつかった方がいい」という意識から、無理にでも長風呂をする人もいますが、これはかえって逆効果。本来、副交感神経はリラックスしているときに優位になるものですので、「無理している」状態がそもそもNGなんです。どうしても短い入浴時間で疲れてしまうという女性は、1回の入浴で2~3回湯船につかるといいですよ!

頭を洗ってつかり、体を洗ってつかり、顔を洗ってつかり・・という風にすると、合計時間は必然的に長くなり、副交感神経が優位になります。

入浴後、フラフラしてしまうという女性は、途中で水分補給もしておくといいでしょう。なるべく体温くらいのお水を飲むようにし、冷たいお水は控えてください。

 

 

入浴タイミングは食後1時間経ってから


食後すぐに入浴するとしんどくなってしまいますよね。これは、食後すぐの身体で入浴すると、内臓に大きな負担がかかってしまうからです。また、お酒を飲んだ後の入浴は絶対危険なのでやめましょう。

酔いがさめてから入浴するようにしてくださいね!

家に帰ってから寝るまでの時間が短く、なかなか時間をあけられないという女性は、休日だけでも徹底することで、内臓への負担は格段に違います。忙しい中でも、きちんと意識していきたいですよね。

 

アロマオイルの種類にもこだわってみて!


好きな香りを選ぶというのが一番ですが、初心者の方だとなかなかどのアロマオイルを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで、初心者にもおすすめの、興奮を鎮める効果のあるアロマオイルをご紹介します。興奮を鎮める効果があると言われているのは、ラベンダー・ヒノキ・オレンジ・カモミール・サンダルウッド・ベルガモット・イランイランなどです。

ラベンダーは比較的手に入りやすいアロマオイルなので、初心者の方には絶対おすすめですね。
ヒノキやサンダルウッドは、呼吸を整えることで副交感神経を刺激してくれます。

また、イランイランはアドレナリンの分泌を抑制する作用があるので、興奮を鎮めてくれるのです。
アロマを使った入浴は、ディフューザーを使って浴室内で香りを楽しんでもいいですし、お風呂に直接入れてもOKですよ!リラックス効果がより高いのは、キャンドルタイプなどのアロマを浴室内で使用する方法です。暗い中でろうそくの灯を見ていると、とっても癒されますよ!

 

今日のまとめ

キャンドルの灯でアロマ入浴!半身浴で自律神経を整える方法

いかがでしたか。アロマの香りでリラックスできると、夜もぐっすり眠れて、びっくりするほど疲れが取れます。お仕事を一層頑張るためにも、1日の疲れはその日のうちに癒しておきたいものですよね。日ごろの入浴にアロマを取り入れて、体も心も存分に癒されてくださいね!アロマオイルの中には、ホホバオイルなどと混ぜてスキンケアに使用することができるものもあります。購入される際はぜひ店頭に足を運んで、店員さんと相談しながら選んでみるのもおすすめですよ!ぴったりのアロマグッズが手に入るといいですね!

・ お風呂に入るのは寝る前がいい
・ お湯はぬるめの40℃がいい
・ 無理な長風呂はNG!
・ 入浴タイミングは食後1時間経ってから
・ アロマオイルにもこだわってみて!
・ アロマオイルの種類にもこだわってみて!

 

あなたはツイてる(^_-)-☆