職場の不倫事情!厄介な不倫女にならないための心得5つ

職場の不倫事情!厄介な不倫女にならないための心得5つ
巷で話題の不倫ですが、あなたの職場にもいますよね?不倫している女性が・・・社内のイケメンを紹介すると横取りしたり、上司と彼氏で二股をかけていたり。職場には必ずと言っていいいほど、恋愛問題で人間関係をめちゃくちゃにする厄介な不倫女がいます。

今回は、厄介な不倫女の特徴とそうならないための心得を考えてみました。

職場の不倫事情!厄介な不倫女にならないための心得5つ

 

極端に女を出したり、逆に女を捨てたりしない


極端に女を出したり、逆に女を捨てたりしない
今年はよく「不倫」のニュースを見かけます。不倫は男が悪いというイメージが強かった今までとは違って、今年はベッキーの一件から、「不倫女」というイメージが定着しつつあります。

結局のところ、不倫はする方も、誘う方も悪いですよね。男性が、そういう不倫女を受け入れない強さを持っていれば、不倫に発展することはないのですが、それでも不倫女というのは押しが強く、手を替え、品を替え近づいてくるものなのです。

不倫女は、日々に満足していないことが多く、常に刺激を求めていたり、新しいものや流行りのものが好きな女性が多いです。さらには、今の彼氏や旦那さんに不満を持っていて、不倫に走るというケースもあるみたいですね。

いずれにしても、そういう不倫女に狙われた男性は、やっぱりズルズルと関係を続けてしまうようです。また、不倫女は押しに弱そうな男性を見つけるのがうまく、狙った獲物は必ず落とすということに命をかけている人もいるようです。

さて、自分は絶対に不倫女にはならないと思っているあなた。しかし、もしかしたらあなたも不倫女になってしまう可能性を秘めているかもしれません。

そこで今日は、不倫女にならないような心得をご紹介していきます。

不倫女にならないような心得
不倫女は、初対面ではサバサバしていて女を出さない人が多いようです。「女友達」をアピールするので、男性に安心感を与えます。

男性も、あまり色気を前面に出した、女っぽすぎる女性は警戒するものです。「私ってサバサバしていて、男友達が多いの!」と言われれば、男性は自分も男性としてではなく友達として見られているかな?なんて思って警戒をあまりしないのです。しかし、不倫女はふとしたときに女を出してきて、男性を落としていきます。自称サバサバ女を語っている女に限って、危険ということですね。

あなたも、サバサバアピールをしてしまっていませんか?逆に、色っぽさを強調してしまっていませんか?

どちらのアピールも必要ありません。

不倫女にならないためには、今のあなたをわざわざ変える必要はないのです。ありのままで、あなたらしくいればそれで充分です。

 

一人でいることに慣れよう


一人でいることに慣れよう
不倫女は、さみしがり屋な女性が多いです。
一人でいることが嫌いで、いつも誰かと群れていたり、常に男がいないと気が済まないという感じですね。

彼氏は常にいて、とっかえひっかえだったりして、昔から派手な男性遍歴を持っている人はやっぱり常に恋愛に刺激を感じていないと飽きてしまいます。

そんな不倫女にならないためには、一人でいることに慣れることです。刺激の強いものはすぐに飽きてしまいます。例えば、炭酸の飲み物を飲んだときのことを思い出してください。最初の一口目が一番美味しいと感じませんか?

それと同じように、刺激の強いものは、はじめは楽しいと感じますが、だんだん失速します。刺激ばかりを追い求めては、安らぎは得られません。若い頃はそれでもいいかもしれないけれど、アラサーになったらやっぱり落ち着いた恋愛をしたいものですね。

一人でいる時間を楽しめるように、一人でいかれるカフェやバーなどを探してみるのもいいですよ。

意外と、一人もいいものです。

煩わしい人間関係もなく、一人静かに過ごす空間も、アラサー女子には必要なのかもしれません。

 

趣味や楽しめることを色々と持とう


趣味や楽しめることを色々と持とう
一人でいることに慣れるというのと同じように、自分一人でできる趣味や楽しめることを色々と探してみましょう。

趣味も楽しみも一つだと飽きてしまいがち、飽きっぽくて常に刺激がないとイヤ!というような人は、はじめは趣味をいくつか持ってみましょう。

お金はかかるかもしれませんが、自分への投資だと思って我慢しましょう。一人でできる趣味というのは結構あるものですよ。

例えば、ダイエットも兼ねてジムに通うというのもいいですね。ストレス解消になるし、ダイエットにもなる、さらにリフレッシュもできます。気分もスッキリして、自分自身もキレイになれるなんてこんなにいい趣味はありませんよね。

美味しいスイーツを食べに行くというのもストレス解消になるし、楽しみになりますよ。友達と、新しいスイーツ店めぐりをして写真を撮ってSNSにアップしたり、それだけでもとても楽しい趣味になります。

私は、スイーツ作りをするのが趣味で、毎週必ずスイーツを手作りします。日曜日に作って、会社に持って行って女の子達にプレゼントすることもあります。

レシピは、アプリなどで検索すると簡単に見つけられますし、材料を買いに行ったり、デコレーションするものを買うときもワクワクします。食べて、美味しかった時の喜びと言ったら・・・最高です。

スイーツを作るようになってから、いろいろなお店のスイーツを買い歩いたり、食べに行ったりするようになりました。友達を誘うこともありますが、基本は一人でいろんなお店をリサーチして、買いに行きます。こんな小さなことですが、とても楽しいし、幸せな気持ちになります。

あなたも、不倫女にならないために、いろんな趣味を持ったり、楽しみを持ってみませんか?一人で楽しめるものが見つかると、さみしいと感じなくなるし、幸せを感じられるようになります。趣味があると、恋愛をしていても結婚しても続けることができるのでいいですよね。

 

 

普通の恋愛を心から楽しめるようになろう


普通の恋愛を心から楽しめるようになろう
さみしいからといって、誰でもいいから付き合いたい!と思うのは間違いです。恋愛というのは、やっぱり「好き」という気持ちから始まるものですよね。

不倫女はとにかく、さみしさを埋めてくれる手軽な男性を探してしまうもの、のめり込むことはほとんどありません。

しかし、そうならないためにも、やっぱり普通の恋愛を楽しむことが大切です。

普通に「この人が好きかもしれない・・・」と思うところから始まって、徐々に進展して行くというのが理想です。

普通の恋愛だから、危険なことはないし、しがらみもなく、楽しめるのではないでしょうか?

まず、妻子ある人は対象外!ときちんと線引きをしましょう。中には、結婚していることを隠して近づいてくるような悪い男もいるものですが、完璧な詐欺師ではない限り、どこかで必ずボロが出るものです。それをすぐに見極める力を持つということも必要ですね。アラサーになったら、そういう嗅覚も備わってくるはずです。

一生一緒にいられる人生のパートナーをきちんと見つけるためにも、不倫ではなくて、普通の恋愛を心から楽しめるようになりましょう。

 

自分へのリスクを考えてセーブしよう


自分へのリスクを考えてセーブしよう
不倫というのは百害あって一利なしです。まず、自分にとっても相手にとってもいいことはありません。

それをしっかりと理解しておくことが大切です。

それでも、

・誘われたら断れない・・・
・やっぱり刺激のある恋愛がやめられない・・・

それは、ただの言い訳でしかありません。本当に好きになった人が、実は結婚していたということはもしかしたらあるかもしれません。しかし、男はその人だけではありません。そのときは、「もう出会いなんてないかもしれない」と思ったとしても、そんなことはありません。

周りを見回せば、男の人はたくさんいますよね。出会いを探して、出かけてみれば必ず独身の男性を見つけることはできます。

自分の刺激のために、言い寄ってくるから仕方なく・・・なんていう理由で不倫に走るなんて、素敵な大人の女性がすることではありません。

自分は、誰から見られても恥ずかしくない人生を送ろうときちんと決めること。そして、不倫をしていることがバレたときに周りからの信用を全て失ってしまうということを忘れないようにしましょう。

 

今日のまとめ

職場の不倫事情!厄介な不倫女にならないための心得5つ

いかがでしたか。あなたの周りにも、不倫女はいるかもしれませんね。

もしかしたら、あなた自身がそうなってしまう可能性だってあるかもしれません。

しかし、今日ご紹介した心得をきちんと理解しておけばきっとあなたは大丈夫です。クリーンで、誰からも祝福される素敵な恋愛をしたいですね。

・ 極端に女を出したり、逆に女を捨てたりしない
・ 一人でいることに慣れよう
・ 趣味や楽しめることを色々と持とう
・ 普通の恋愛を心から楽しめるようになろう
・ 自分へのリスクを考えてセーブしよう

 

でもイケメンが相手だったら・・・
三浦翔平みたいな性格の上司が会社にいたら私だって奪い愛したい

 

あなたはツイてる(^_-)-☆