ニキビが顎や額にできるのを幹細胞美容液で防ぐスキンケア

ニキビが顎や額にできるのを防ぐスキンケア!幹細胞美容液を正しく使う方法とは
ニキビと言えば思春期の若者の肌にできる吹き出物のことと思いますよね。でもね、オトナ女子の顎(あご)や額(ひたい)にできるニキビに関してはそうとは限りません。

ニキビがあごにできてしまうのを防ぐためには、正しいスキンケア方法を用いてニキビができないようにするための予防が大切です。

そこで今回はニキビがあごや顔にできるのを防ぐための幹細胞美容液を使ったスキンケアをお伝えします。


ニキビが顎や額にできるのを幹細胞美容液で防ぐスキンケア

 

1.ニキビができてしまったら…


ニキビにはさまざまな種類があります。

ニキビ跡が赤い場合やシミになっている場合や肌の凹凸ができてしまっている場合です。
そういった場合、まずは肌に外からの刺激を受けないようにすることと、皮脂をとりすぎないことが必要になってきます。
外からの刺激については、対策として洗顔をしっかりすることはもちろん、肌を乾燥させたりしないことも必要です。
ニキビができてしまったとき、1日に何度も洗顔をしたり、顔を強くこすったり熱いお湯や冷たい水で洗うのはタブー。
とにかく肌に刺激を与えないようにしてください。

洗い過ぎによる肌の乾燥や物理的な刺激は逆にニキビを増やしやすい原因になってしまいます。
なぜなら洗いすぎによって肌が乾燥すると、水分不足を補うために皮脂が多く分泌されるからです。
その皮脂がニキビ生成には大きな力を持っているのが怖いですね。

また、外からの刺激という意味ではニキビをつぶすような行為は細菌が入ってしまう原因にもなるので、厳禁です。
日々の生活の中で、ビタミンを多くとるのもポイント。ビタミンC誘導体やコラーゲン、ヒアルロン酸が含まれている化粧品を使って炎症を和らげるということもできます。

 

2.幹細胞美容液でニキビを予防


幹細胞美容液にはビタミンが多く含まれており、外用薬として使用することも可能です。

幹細胞美容液には、ニキビができる原因である栄養不足をカバーするため、ビタミン成分やアミノ酸など、直接血液に取り込まれるような成分が多く含まれています。

また、幹細胞美容液はただお肌に潤いを与え続けるわけではなく、お肌が本来持っている自然治癒力やハリなどを引き出す役割もあるので肌にやさしく使いやすくなっています。

また、美容液内に含まれるビタミンC誘導体という物質は、すでにできてしまったニキビやそばかすを薄くする役割があります。
角質に浸透しやすい構造で、お肌に吸収されやすいのが特長です。

 

 

3.幹細胞美容液でニキビを撃退


まず、朝と夜はしっかり使う

朝は化粧する前に美容液をつかうことによって、お肌に水分を与えることができます。そこで化粧をして乾燥しやすい肌でもニキビはできにくくなります。
夜もしっかり保湿をしてください。

たくさん使いすぎない

いくら美容液だからといって、使いすぎてはいいことはありません。化粧水と乳液、美容液をいい分量で使うことによって、効果を発揮していきます。化粧水やたっぷり使ってもいいですが、乳液と美容液に関してはしっかり分量を守りましょう。
これに気を付けるだけで、ニキビ予防には大きな効果を与えることができます。

額やあごは念入りに

ニキビができやすい部分って実は化粧水などが届きにくい部分が多いもの。特に額やあごはつい付け忘れてしまうことが多いです。
つけ方としては、まず額やあご、ほっぺた、目の上などにチョンチョンとつけてから、伸ばすことを実践してください。
それによってニキビができやすい部分をしっかりカバーすることにより、ニキビもできにくくなります。

 

今日のまとめ

ニキビが顎や額にできるのを幹細胞美容液で防ぐスキンケア

いかがでしたでしょうか。ニキビができにくくなるためには、もちろん美容液を使うことは大切となりますが、日々の生活にビタミンなどをしっかりとることによって予防することもできます。

ぜひ、日々の生活習慣を見直しつつ、しっかり肌ケアもしていく環境をつくりましょう。それによってあなたのお肌もきれいなお肌になること間違いなしです!

1. ニキビができてしまったら
2. 幹細胞美容液でニキビを予防
3. 幹細胞美容液でニキビを撃退
・ まず、朝と夜はしっかり使う
・ たくさん使いすぎない
・ 額やあごは念入りに

 

あなたはツイてる(^_-)-☆